Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/15-29e99eae

-件のトラックバック

[T45] 国民投票法案 衆院を通過

ここでも何度か書いている通り筆者は憲法は改正出来るべきだと考えている。だいたい改正出来ない法律などナンセンスである。もし憲法改正出来ないのなら、我々は未だ大宝律令に従わねばならない。租庸調を国家に納めねばならないとしたら大変だ。防人が存続していたら徴兵制

[T44] 改憲手続法案は、中身がスカスカのまま、参院で超・拙速突貫審議か?・・・国民はしっかりウォッチを!

   13日、憲法改正手続き法案(いわゆる国民投票法案)が衆院で可決された。 またコチラに書いた米軍再編法案<正式名は、駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法案というそうだ)も可決された。 これでこの二つの法案は、衆院を通過して、参院に送られること

[T43] 国民投票法案;枝野幸男の理事辞任は何を意味しているか

きょうのテレビで民主党・原口一博衆院議員が自分は改憲派だが、と語った上で、国民投票法案を政局の問題にするなという自民、民主のなかば合意のもとで協議してきた旨の発言をしていました。原口氏の発言は、もとよりこの採決強行を年頭に置いたものです。政局の問題にする

[T41] ラジオもチェックしよう!・・・憲法改悪

今日は初夏って感じで汗ばむ陽気だけど・・・来週は、また天気が悪くなりそう。「春に三日の天気なし」・・でしたっけ?雨は仕方ないけど、寒かったり暑かったりで着る服に困るから、全部だしっぱなしでほんとこの季節

[T40] 意見が異なっても『筋のいい人』は大勢いる  

自公政権の土俵に乗って闘う必要は無いが知っておかなくてはいけない事は色々とある。憲法改正の手続法である国民投票法にしても本来は、法によって決まっている事なので、ことさら反対したり騒いだりする必要は無いので

[T39] 立憲政治ニ異変アリ。科学特捜隊、出動せよ!

2007.3.17.12:00ころ ----------------------

-件のコメント

[C34]

管理人のみ閲覧さま

応援メッセージありがとうございました。本当に一言お声を掛けていただけるだけで励みになります。またよろしくお願いします。

[C28]

管理人のみ閲覧さま

心温まる賛同のメッセージ有り難うございました。アドバイスいただいた件、実際に試してみようと思います。
気が向いたらで結構ですので、またご意見お寄せ下さい。

[C24]

えぼりさま
はじめまして

心強い賛同のお言葉、有り難うございます。

>「馬鹿丸出し」の日本の現状を個人的に報告してきます(笑)

実際に日本の現状を世界の方々にお話しするとなると考えただけで赤面ものですが、世界の平和のために難儀なお役目を買って出てくださり有り難うございます。できれば、この馬鹿げた日本の状況についてお相手に話されたときに、各国の方々にどのような反応を持ってその事実が受け止められたのかについて土産話をいただきたく存じます。もちろん洒落になるようなものならば、でよろしいのですが(笑)
えぼりさまの賛同のお言葉、私のみならず、このブログにお越しいただいているみなさまにとっても多大なる活力の源になったことと思います。本当に有り難うございました。

[C23]

はじめまして

村野瀬玲奈さんにご紹介いただきました漂流生活的看護記録のえぼりです。

今週から所用があってイギリスとNGO本部のあるフランスに10日ほど行くことになっております。日本からはわたしだけですが、北欧やアジアなどの他の国からもメンバーは集まっておりますし、同じように国民投票のある、そして投票が頻繁に行われているスイスのメンバーも日本の国民投票の行方については関心を持っているようです。

とりあえず「馬鹿丸出し」の日本の現状を個人的に報告してきます(笑)

わたしが個人的にツテを持っているのはアフリカと南米のメディアのみですので、できることは知れているとは思いますが、とりあえず東アフリカの英字紙記者にはざっくり英語にした内容を送っておこうと思います。

現地でもネットのチェックはできるようですので、また立ち寄らせていただきます。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ひとつの提案

4月15日に考えてみた


私は先日(4月1日)思い立って、このブログを立ち上げた。今国会で強行採決によって成立する見込みの『国民投票法案』について世界のさまざまな場所へ発信することはできないものかという気持ちからだ。私は衆議院で強行採決された『国民投票法案』に反対である。この『国民投票法案』がさまざまな問題点を有していると考えたからだ。


それで私は「メディアへの質問状」というエントリを先頭に持ってきてその問題点をメディアで取り上げる気はないんですかと問うてみた。それぞれの項目毎にエントリーを立てて、返答をお待ちした。なしのつぶてである。それ以前に読んでいないのであろう。まあ、こんなぽっと出のブログ。目にしたとしても便所の落書きくらいに受け取られたことであろう。それは仕方のないことだ。そんな中、あるブログで取り上げていただき、そのコメント欄に以下のような書き込みがあったことを嬉しく思う。

以下引用開始
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国語版作ってあったので、ちょっと読んで見たのですが、馬鹿丸出しです。
「問題点の1憲法改正の理由として
日本政府が国民に(憲法改正の)意図を完全に伝えていなかった。憲法改正について議論を経ずに憲法を改正しようとしている。貴国にはこのような状況はありますか?」
聞く相手が間違ってないだろうか?今通訳で何人かの中国人と一緒に過ごしてますが、彼らは今回の統一地方選挙に興味津々で、「日本は皆投票できるのか?いいなあ。中国は、共産党だけだよ。」って感心してましたよ。
これはまさか・・・・。深遠なる中国の非民主的あり方に対する皮肉なんではないだろうか・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上引用終了

馬鹿丸出しというのは文案を練った私への言だと思うので別に否定はしない。非民主的な国の方々には民主的な国の良さを訴えるように文案を練ったつもりであるし、それはある意味皮肉に受け取られることもあるだろう。でも私としては民主的な思想がそういった国の国民に届けばそれで十分である。ちなみに中国語版は中国語を話す人へのメッセージであって中国籍を持つ中国人だけを対象にしているわけではない。もちろん中国籍を持つ中国人をも対象にしているわけだから、いちいち言う必要はないのだが。中国語版のエントリーの冒頭にも述べてあるし。


一方で国民の間で議論が尽くされたと宣うメディアがある。これは私自身の生活の余裕のなさと頭の弱さに一因はあるのだろうが、議論が尽くされたというその議論がどこでどう尽くされたのか私には見えてこないのである。せめて議論が尽くされたという論拠の数字と、どのような反対意見があり、どのような回答がなされ、またそれに対してどのように反論がなされたか、私のようなものにも判然とするように説明していただきたかったな。とか。これは私の中では大きかったんだけどまともにやってくれたメディアはあったのだろうか。
以下の大新聞の社説などは、フランスあたりの記者が見たら「日本人の感性ではこういった記事が通るのか」と驚嘆するだろう。文化は一流でも、知性や品格は……。



遅きに失した感はあるが、ようやく国民投票法案が成立に向かって動き出したことを歓迎したい。衆院特別委での審議と自公民3党の協議によってすでに論点は出尽くしており、参院は速やかに審議を進めて早期成立を図るべきである。



ちなみに『国民投票法案』について沖縄県庁前で104人に聞きましたアンケートの結果



回答した百四人のうち六十三人(61%)が国会や国民の議論は「尽くされていない」と答えた。「尽くされた」は四人(4%)にとどまった。



議論が「尽くされていない」が61%なんて意外と少ないじゃん。などと思わないでね。残りの31%は『国民投票法案』自体を知らないと答えておりますゆえ。沖縄では議論尽くされてないよ。仲井真知事も「県民はむろん、国民全体に分かりやすく説明していただく必要がある(定例記者会見13日午前)」って言ってるよ。
まあ大手NIKKEI新聞やら自民公明の改憲派のみなさんにしてみれば沖縄県庁の前あたりを歩いている人々はここでいう「国民」とは違うということなのでしょう。


とりあえず、現政府与党とメディアの考えはだいたいわかったので < 何がだ

現政府与党の横暴を日本中、世界中に発信するという主旨で打ち上げられたこのブログは、賛同していただけるみなさんのご協力のもと、広く世界へそのメッセージを伝えていくこととなります。当ブログ内の文案を転載コピペ引用の上、現日本政府の汚さを世界中に密告しておくんなさいまし。というよりも主旨を理解していただけたみなさんがご自分のお言葉で、さまざまなメディアを通して、あるいは口伝て、考え得る限りの手段を使って世界中のお友達に伝えてくれたら嬉しいかも。


最後に「反日ブログ監視所」shizuruxさまよりいただいた、我が「反軍国ブログ」への有り難いお言葉を引用しておきます。

以下引用開始
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
叩き台に過ぎない文面をとりあえず送付するというのは甚だ失礼ですし、相手が回答してくれたあとで質問の文面を変えるというのは社会通念を逸脱しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上引用終了

こら、自民公明党のみなさん、ちゃんとお聞きして差し上げることよん
叩き台に過ぎない『国民投票法案』を
国民の目の届かないとこでこっそり審議して
それに対しておかしいと声を上げている国民がいるのに
修正したふりをして
民主党案も取り入れた
審議は尽くされたなんて言ってもそれは
世界の常識を逸脱しておりますことよん
だいたい与党案の「叩き台」が「修正案」に確定したのは
いつのことだい
国民を愚弄するのもいい加減にしろ

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/15-29e99eae

6件のトラックバック

[T45] 国民投票法案 衆院を通過

ここでも何度か書いている通り筆者は憲法は改正出来るべきだと考えている。だいたい改正出来ない法律などナンセンスである。もし憲法改正出来ないのなら、我々は未だ大宝律令に従わねばならない。租庸調を国家に納めねばならないとしたら大変だ。防人が存続していたら徴兵制

[T44] 改憲手続法案は、中身がスカスカのまま、参院で超・拙速突貫審議か?・・・国民はしっかりウォッチを!

   13日、憲法改正手続き法案(いわゆる国民投票法案)が衆院で可決された。 またコチラに書いた米軍再編法案<正式名は、駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法案というそうだ)も可決された。 これでこの二つの法案は、衆院を通過して、参院に送られること

[T43] 国民投票法案;枝野幸男の理事辞任は何を意味しているか

きょうのテレビで民主党・原口一博衆院議員が自分は改憲派だが、と語った上で、国民投票法案を政局の問題にするなという自民、民主のなかば合意のもとで協議してきた旨の発言をしていました。原口氏の発言は、もとよりこの採決強行を年頭に置いたものです。政局の問題にする

[T41] ラジオもチェックしよう!・・・憲法改悪

今日は初夏って感じで汗ばむ陽気だけど・・・来週は、また天気が悪くなりそう。「春に三日の天気なし」・・でしたっけ?雨は仕方ないけど、寒かったり暑かったりで着る服に困るから、全部だしっぱなしでほんとこの季節

[T40] 意見が異なっても『筋のいい人』は大勢いる  

自公政権の土俵に乗って闘う必要は無いが知っておかなくてはいけない事は色々とある。憲法改正の手続法である国民投票法にしても本来は、法によって決まっている事なので、ことさら反対したり騒いだりする必要は無いので

[T39] 立憲政治ニ異変アリ。科学特捜隊、出動せよ!

2007.3.17.12:00ころ ----------------------

4件のコメント

[C34]

管理人のみ閲覧さま

応援メッセージありがとうございました。本当に一言お声を掛けていただけるだけで励みになります。またよろしくお願いします。

[C28]

管理人のみ閲覧さま

心温まる賛同のメッセージ有り難うございました。アドバイスいただいた件、実際に試してみようと思います。
気が向いたらで結構ですので、またご意見お寄せ下さい。

[C24]

えぼりさま
はじめまして

心強い賛同のお言葉、有り難うございます。

>「馬鹿丸出し」の日本の現状を個人的に報告してきます(笑)

実際に日本の現状を世界の方々にお話しするとなると考えただけで赤面ものですが、世界の平和のために難儀なお役目を買って出てくださり有り難うございます。できれば、この馬鹿げた日本の状況についてお相手に話されたときに、各国の方々にどのような反応を持ってその事実が受け止められたのかについて土産話をいただきたく存じます。もちろん洒落になるようなものならば、でよろしいのですが(笑)
えぼりさまの賛同のお言葉、私のみならず、このブログにお越しいただいているみなさまにとっても多大なる活力の源になったことと思います。本当に有り難うございました。

[C23]

はじめまして

村野瀬玲奈さんにご紹介いただきました漂流生活的看護記録のえぼりです。

今週から所用があってイギリスとNGO本部のあるフランスに10日ほど行くことになっております。日本からはわたしだけですが、北欧やアジアなどの他の国からもメンバーは集まっておりますし、同じように国民投票のある、そして投票が頻繁に行われているスイスのメンバーも日本の国民投票の行方については関心を持っているようです。

とりあえず「馬鹿丸出し」の日本の現状を個人的に報告してきます(笑)

わたしが個人的にツテを持っているのはアフリカと南米のメディアのみですので、できることは知れているとは思いますが、とりあえず東アフリカの英字紙記者にはざっくり英語にした内容を送っておこうと思います。

現地でもネットのチェックはできるようですので、また立ち寄らせていただきます。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。