Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/18-24028fa0

-件のトラックバック

[T53] 国民投票法案と「茶色の朝」

国会では、参院憲法調査特別委員会で国民投票法案が最低投票率を定めていない問題をめぐり論戦がつづいています。最低投票率の問題は、投票率が従来の国政選挙並みであれば、賛成20%でも改憲できるという法案の根本にかかわる問題だといえましょう。報道で伝えられている

[T52] 長崎市長銃撃事件の続報+教育関連法の審議スタート& 少年法でまた強行採決+α

  書きたいことが山ほどあるのだが、時間とスペースに限りもあって、何を優先して書いていったらいいのか、アタマを抱えてしまっている。<例の信販系カードのCMで、15枚ぐらいのカードが目の前に広げられている感じかも。・・・どうする、mew?! 皿皿皿 (・・;)> 

[T51] エジプトと日本~国民投票法案

今日4/12強行採決されそうです。反対のご意見はこちらへ!玲奈さんの村野瀬玲奈の秘書課広報室超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを!♪自分のしたことに 驚いて泣きたくな

[T50] 国民投票法をこのままの形で成立させて良いのか?

横浜市内の住宅を複数人の男性が訪問し、「近所で水道工事を行なうので水が濁ったり、匂いがしたりする場合が在る。その際にはこの薬を飲んで欲しい。」と錠剤を渡そうとしたという届け出が同市等に幾つか寄せられているとの事。横浜水道局では「工事の際に錠剤を配る様な事

[T49] 人の死をも自分らの為に利用する安倍晋三内閣 

安倍晋三は、伊藤一長長崎市長が銃弾によって死亡した件で、事件の翌日に「ご冥福を衷心よりお祈りしたい。ご家族の悲しみや怒りを察すると余りある。選挙中の凶行は民主主義に対する挑戦で、断じて許すわけにはいかない。こ

[T48] Constitutional Amendment in Japan ― Message from a Blogger

The following text is my translation of a message from a Japanese blogger, Mr. Sekai-Heiwa-No-Yabou (世界平和の野望; Disire for World Peace). Please note that the text is a draft and may be revised later.Due to anti-spam setting, this weblog rejects post

-件のコメント

[C38]

村野瀬玲奈さま
こんにちは

ご意見有り難うございます。早速そのように取りはからいます。毎度適切なご指示、本当に助かります。これからもよろしくお願いします。

[C37] 複数の案の統一について

人工樂園さんの英語文案、sekaiheiwaさんの従姉の娘さんの英語文案、両方を統合しなければならないということもないように思います。
それぞれ独立した対等の文案として、併記してもよいのではないでしょうか。誰の文案が正しい、あるいはより正しい、あるいは間違っている、ということはないと思います。
完璧な日本語案を参加者全員で練ってそれを忠実に各国語に訳せればいいのでしょうが、若干の違いは認めてもよいと思います。
sekaiheiwaさんの目で見て、内容的に大きな欠落や誤りや趣旨とのずれがなければ、各案をそのまま受け入れてはどうでしょうか。いろいろな人がそれぞれの文章で外国語で発信しているということが重要なのだと思います。
中国語版、韓国語版、フランス語版の間の完璧な整合もとってないわけですが、sekaiheiwaさんのもともとのアイデアを出発点としており、趣旨はおおむね一致しているわけですから、ここはそれぞれの人がそれぞれの案をそれぞれの言葉で持ち寄ったということでよいように思います。sekaiheiwaさんの従姉の娘さんの英語文案をたとえば英文A案、人工樂園さんの文案はたとえば英文B案として、別扱いにする。各案独自のヴァージョンアップがもしあれば、それはそれぞれ独立して行う。どうでしょう?

[C36]

管理人のみ閲覧さま

大変貴重なご指摘、有り難うございました。すぐに対処させていただきます。

[C33]

村野瀬玲奈さま
こんにちは

アドバイス有り難うございます。ご提案いただいた件、早速やってみようと思います。新しいページにコメントいただく形でいいんですよね。
違う、あるいはもっと別の方法がいいんじゃないというのがありましたら、どなたでも結構ですのでコメント欄にご一報下さい。

[C32] 署名をつのるというのは?

各国語版がだんだんそろってきましたね。皆の力を集める旗振り役、ありがとうございます。私も勇気をもらっています。

この試みにさらに力を与えるために、「南京事件否定論に反対する共同声明」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-100.html
の時みたいに、日本のブロガーたちに広く賛同署名をつのってみてはどうかと思いました。翻訳やメッセージの海外発信の手伝いまでは無理だけど、この呼びかけの趣旨に賛同し、このメッセージが海外に広がることを望む、と思うブロガーの署名をできるだけ広くつのるというのはどうでしょう?

[C31]

Niphoneseさま
ようこそ、お越しいただき有り難うございます

早速、転載させていただきました。この雲をもつかむような気持ちで打ち上げられたブログ。多くの方々の志をいただいて、少しずつ成長しております。日本を守ってきた憲法を、こんどは我々の手で守っていきましょう。世界中に平和の種を植える。このブログがその芽吹きの一助になることを願っています。
有り難うございました。これからもよろしくお願いします。

[C30]

ぐずぐずしているうちに先を越されてしまいましたが,私も浅学を省みず,独自の英訳を作成してみました。トラックバックしてありますので,ご参照をお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

海外メッセージ英語版(第一案)

 海外メッセージ英語版(第一案)できました
遠くヨーロッパ留学中の我が娘
といってもいいくらい愛している
従姉の娘さんの手によるものです
青春時代の貴重な時間を割いて
頑張ってくれました
ちょっとだけ本人の弁



 あ。。あの六番ね。どうもうまい訳が考えられなくて、今いろいろ聞き回ってるとこ。もし、ほかにあてがあったらそっちの方がはやいかもしれない。まじ力不足でごめん。



 いえいえとんでもございません
本当に良くやってくれました
何せこちとら英検3級でして
みなさまのご協力がなければ手も足も出ません
それにあなたがヨーロッパでこのことを
お友だちや先生と一緒に考えてくれることに
絶大なる意味があるのでございます
ということで
特に項目6番に関してこちらにお越しいただいているみなさんの
アドバイスお待ちしています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月19日14時追記
このブログにご賛同いただいた人工樂園さまの記事
「Constitutional Amendment in Japan ― Message from a Blogger」より
項目6番及び追加項目7番を転載いたしました
有り難うございました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月20日21時30分追記
「管理人のみ閲覧」さまより、上記当方の勝手な転載をたしなめていただきました。つぎはぎのような訳文になってしまい、不自然であるとのことです。ちょっと配慮をすればわかるような基本的なことに思い至らず申し訳ありませんでした。ただただ自らの不明を恥じ入るばかりです。


 原案を訳していただいた「人工楽園」さま、遠くヨーロッパで頑張っている○○、本当に申し訳ありませんでした。このページの案は項目6・7を省いた元の形に戻しておきます。
このことをご指摘くださった「管理人のみ閲覧」さまにもお礼申し上げます。有り難うございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dear friends around the world:


 

In Japan the “Referendum Bill” which is for the revision of Japan Constituion is about to be approved. The revision of constitution is important thing as it is also in your countries. However Japanese government, and major medias don’t make effort to let the people know about this” Referendum bill”. And it is expected that this bill will be passed through the diet within this month without being fully discussed. It was declared by the Diet chairperson in the Government party. The Prime Minister mentioned as well that the bill would be approved until third of May 2007. 
As you might know, The Constitution of Japan proclaims the “eternal renunciation of war”. The new bill which is planed by the Government party is actually a radical renewal of this text in the Constitution.  That is to say that the Referendum bill aims at giving Japan a right to take up arms. Therefore the Referendum bill has several problems which are totally clear to see.  In Japan it is discussed widely for example in private blog like mine. However those movements are shared actually just among a small circle, and not big enough to diffuse many people about the importance and the danger of the bill. As I already mentioned, this ignorance of the bill between the civilian is caused by the media, which doesn’t take up and doesn’t broadcast about this topic.
I wrote this message for everybody in the world to tell about this current situation in Japan. I would appreciate if you could support this movement and cooperate to send this message to the world.  Anyone who wishes the word peace, please listen to our message and our wish.
I list below the problems of the revision of the Constitution, and the problems of the referendum bill.


 
1. The reason of the constitution revision

The Japanese government doesn’t explain the reason. The constitution is now being revised without being discussed why it has to be revised and for what exactly it has to be revised. Does something like this happen in your country as well?

2.Unconstitutionality of the way it is presented and discussed in the Diet

When the Constitution is revised, the detail of the text which has to be changed will be at first discussed in the Diet, and after that its necessity will be accepted by citizen. The Referendum bill should not be discussed until then. But now the bill was proposed by the cabinet and the Government party without mentioning exactly which part of the text is brought into discussion. It is unfair and undemocratic way.

3. The voting rate

According to the referendum bill constitution can be revised even if the voting rate is low. In this system it is possible to revise the constitution with “yes” vote of only 20 percent of the voter. Is it a real “referendum” ?
 
4. Problems in Media

According to the bill, it is allowed to make an advertisement for or against the Proposal for the Revision. But there is a charge for making the advertisement, which is very expensive. It means that it is totally advantageous for the people, who is well funded. And it is not fair.

5.Controls and penal regulations for the activity of Teacher and Public servant.

The bill provides the controls and penal regulations for the activity of Teacher and
Public servant. But there are actually many Public servants, and especially teachers
who is against this bill. Those controls and penalty is for shutting them up, and it is unfair.


We are against that Japan will be a country in which it is allowed to take arm. I beg you again that you would support us to send this message to the world.


 

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/18-24028fa0

6件のトラックバック

[T53] 国民投票法案と「茶色の朝」

国会では、参院憲法調査特別委員会で国民投票法案が最低投票率を定めていない問題をめぐり論戦がつづいています。最低投票率の問題は、投票率が従来の国政選挙並みであれば、賛成20%でも改憲できるという法案の根本にかかわる問題だといえましょう。報道で伝えられている

[T52] 長崎市長銃撃事件の続報+教育関連法の審議スタート& 少年法でまた強行採決+α

  書きたいことが山ほどあるのだが、時間とスペースに限りもあって、何を優先して書いていったらいいのか、アタマを抱えてしまっている。<例の信販系カードのCMで、15枚ぐらいのカードが目の前に広げられている感じかも。・・・どうする、mew?! 皿皿皿 (・・;)> 

[T51] エジプトと日本~国民投票法案

今日4/12強行採決されそうです。反対のご意見はこちらへ!玲奈さんの村野瀬玲奈の秘書課広報室超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを!♪自分のしたことに 驚いて泣きたくな

[T50] 国民投票法をこのままの形で成立させて良いのか?

横浜市内の住宅を複数人の男性が訪問し、「近所で水道工事を行なうので水が濁ったり、匂いがしたりする場合が在る。その際にはこの薬を飲んで欲しい。」と錠剤を渡そうとしたという届け出が同市等に幾つか寄せられているとの事。横浜水道局では「工事の際に錠剤を配る様な事

[T49] 人の死をも自分らの為に利用する安倍晋三内閣 

安倍晋三は、伊藤一長長崎市長が銃弾によって死亡した件で、事件の翌日に「ご冥福を衷心よりお祈りしたい。ご家族の悲しみや怒りを察すると余りある。選挙中の凶行は民主主義に対する挑戦で、断じて許すわけにはいかない。こ

[T48] Constitutional Amendment in Japan ― Message from a Blogger

The following text is my translation of a message from a Japanese blogger, Mr. Sekai-Heiwa-No-Yabou (世界平和の野望; Disire for World Peace). Please note that the text is a draft and may be revised later.Due to anti-spam setting, this weblog rejects post

7件のコメント

[C38]

村野瀬玲奈さま
こんにちは

ご意見有り難うございます。早速そのように取りはからいます。毎度適切なご指示、本当に助かります。これからもよろしくお願いします。

[C37] 複数の案の統一について

人工樂園さんの英語文案、sekaiheiwaさんの従姉の娘さんの英語文案、両方を統合しなければならないということもないように思います。
それぞれ独立した対等の文案として、併記してもよいのではないでしょうか。誰の文案が正しい、あるいはより正しい、あるいは間違っている、ということはないと思います。
完璧な日本語案を参加者全員で練ってそれを忠実に各国語に訳せればいいのでしょうが、若干の違いは認めてもよいと思います。
sekaiheiwaさんの目で見て、内容的に大きな欠落や誤りや趣旨とのずれがなければ、各案をそのまま受け入れてはどうでしょうか。いろいろな人がそれぞれの文章で外国語で発信しているということが重要なのだと思います。
中国語版、韓国語版、フランス語版の間の完璧な整合もとってないわけですが、sekaiheiwaさんのもともとのアイデアを出発点としており、趣旨はおおむね一致しているわけですから、ここはそれぞれの人がそれぞれの案をそれぞれの言葉で持ち寄ったということでよいように思います。sekaiheiwaさんの従姉の娘さんの英語文案をたとえば英文A案、人工樂園さんの文案はたとえば英文B案として、別扱いにする。各案独自のヴァージョンアップがもしあれば、それはそれぞれ独立して行う。どうでしょう?

[C36]

管理人のみ閲覧さま

大変貴重なご指摘、有り難うございました。すぐに対処させていただきます。

[C33]

村野瀬玲奈さま
こんにちは

アドバイス有り難うございます。ご提案いただいた件、早速やってみようと思います。新しいページにコメントいただく形でいいんですよね。
違う、あるいはもっと別の方法がいいんじゃないというのがありましたら、どなたでも結構ですのでコメント欄にご一報下さい。

[C32] 署名をつのるというのは?

各国語版がだんだんそろってきましたね。皆の力を集める旗振り役、ありがとうございます。私も勇気をもらっています。

この試みにさらに力を与えるために、「南京事件否定論に反対する共同声明」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-100.html
の時みたいに、日本のブロガーたちに広く賛同署名をつのってみてはどうかと思いました。翻訳やメッセージの海外発信の手伝いまでは無理だけど、この呼びかけの趣旨に賛同し、このメッセージが海外に広がることを望む、と思うブロガーの署名をできるだけ広くつのるというのはどうでしょう?

[C31]

Niphoneseさま
ようこそ、お越しいただき有り難うございます

早速、転載させていただきました。この雲をもつかむような気持ちで打ち上げられたブログ。多くの方々の志をいただいて、少しずつ成長しております。日本を守ってきた憲法を、こんどは我々の手で守っていきましょう。世界中に平和の種を植える。このブログがその芽吹きの一助になることを願っています。
有り難うございました。これからもよろしくお願いします。

[C30]

ぐずぐずしているうちに先を越されてしまいましたが,私も浅学を省みず,独自の英訳を作成してみました。トラックバックしてありますので,ご参照をお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。