Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/19-bc5c596b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C48]

管理人のみ閲覧さま
はじめまして。レス遅れてしまい申し訳ありません。

賛同メッセージ&アドバイス有り難うございました。そうですね、若い層へのアピールも考えてみます。大学のサークル、共同研究等のブログ、HPに働きかけてみます。お心当たりのある方、ご紹介お願いします。

今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

海外メッセージ英語版(原文修正案)

このブログにご賛同いただいた人工樂園のNiphoneseさまの記事
「Constitutional Amendment in Japan ― Message from a Blogger」より
海外メッセージ英語版転載いたします
Niphoneseさま
ブログを介してのご賛同、ご協力
本当に心強く、力を得させていただいております
ご多忙の折、貴重な時間を割いていただき本当に有り難うございました


Dear friends around the world:

The Diet of Japan is now passing a referendum bill for amendment of constitution. For the Japanese, change of their constitution is a serious matter, as in your countries. Nevertheless, neither Japanese administration nor the mainstream media make effort to give the whole nation enough information about the referendum bill. In this situation, the bill is expected to be passed this month with forced approval by the ruling parties which has an overwhelming majority, without sufficient deliberation. A Diet affairs committee chairman of the ruling parties has openly said so; the Prime Minister has also declared his intention to pass the bill until May 3 of this year.

As you know, the constitution of Japan declares renunciation of war in its article [9 ― translator's note]. The present government aims at rewriting this article: the goal of the referendum bill is to make Japan a country that is allowed to wage war. For this reason the bill has various problems that everyone can perceive; people of democratic and constitutional countries should find them at once. In Japan, individual blogs, for example, argue about this issue every day; however, the argument is limited to communication among bloggers and does not get enough strength to inform many people of the gravity and danger of the bill. As we mentioned above, the mainstream media within Japan is indifferent to the referendum bill.

Therefore we write this report to let people around the world know about the domestic situation of present Japan. We would like the reader to help us spread our message widely throughout the world. People who wish to protect peace and democracy worldwide, please listen to our plea! Here we list problems on the amendment of the Japanese constitution, as well as on the referendum bill that is on the verge of passage in the current Diet session:

1. Reason to Amend Constitution

Administration of Japan does not notify the people of the reason to amend constitution. They are revising the constitution, without dispute over the purpose of the amendment. Do you have such government in your country?

2. Unconstitutionality on Procedure for Proposition and Deliberation of the Bill

We believe the following steps should be taken at constitutional amendment: first, the Diet examines articles that should be changed; people confirm the need for amendment; and a referendum law is deliberated. The referendum bill on deliberation now, however, was proposed by the ruling parties and the Cabinet, without referring to articles. As a method for proposal of constitutional amendment, this is undemocratic and unfair procedure.

3. Propriety of Lack of Minimum Turnout Rate Provision

Under the referendum bill, a low turnout rate can change the constitution; this system enables amendment with approval of 20% in case of many abstentions. Can we call it referendum?

4. Problem on Media Advertisement

The referendum bill allows launching with charge an advertising campaign which expresses support or opposition to an amendment proposal. An advertisement charge costs an enormous amount of money; it is clear that those who are wealthy have an advantage under this system. Pro-amendment people have a lot of funds. We think the bill does not guarantee impartiality.

5. Restrictions and Sanctions on the Activities of Civil Servants and Teachers

The referendum bill provides restrictions and sanctions on the activities of civil servants and teachers. In Japan civil servants have the obligation to respect and uphold the constitution; especially many teachers are opposed to amendment of constitution from the pacifistic standpoint. The bill has regulatory provisions to silence them. Insistence of civil servants who uphold the current constitution may be target of sanction. This is absolutely unfair.

6. How to Ask Approval or Disapproval toward Constitution (voting method)

The referendum bill has vagueness as to voting method: the current bill allows asking approval or disapproval toward an amalgam of multiple articles. We believe it is necessary to ask whether to approve or not of each article about which revision is proposed. Change of any rule should be considered of its propriety after sufficient deliberation, unless the change is determined by a majority. The bill is not made this way.

7. A Complete Revision Rejecting Democratic Constitutionalism

Here let us refer to a problem of the amendment proposed by the ruling coalition government of Japan. The ultimate purpose of the amendment is to release the power from the yoke of constitution. This is a complete revision of the constitution; if the constitution is changed in accordance with the intention of the ruling coalition government, the constitution of Japan will be quite different. Their amendment proposal contains undemocratic elements, including erosion of fundamental human rights, restriction on civil liberty, reduction and renunciation of pacificism in substance, and so on. Moreover, we find change of article [96 ― translator's note], which makes the current constitution, a rigid one, easier to amend. These changes mean a complete revision which diminishes the essence of democracy, that is the order of people to state, and rejects constitutionalism.

We oppose turning Japan into a country allowed to wage war, an undemocratic and unconstitutionalistic country. We would like to express our plea again: dear friends, please spread our message widely throughout the world!

April 15, 2007


以下原文

世界のみなさんへ

今、日本では憲法改正のための『国民投票法案』が成立しようとしています。みなさんの国でもそうであるように憲法の改正は国民にとって重大な事案です。それなのに、日本の行政府、及び主要メディアはこの『国民投票法案』について国民に周知する努力をしておりません。そんな中、この『国民投票法案』は十分な審議も行われないまま、圧倒的多数の議席を占める政府与党の強行採決という形で、今月中にも国会を通過する見通しです。これは、政府与党の国会対策委員長がその旨のことを公言しております。また、総理大臣は今年5月3日までの成立を目指す旨の発言をしております。

ご存じのように、日本の憲法はその条文の中で『戦争の放棄』を明確に謳っております。現政府与党の画策するものは、この条文の事実上の書き換えです。つまり、この『国民投票法案』の目的は、日本を戦争のできる国にすることです。そのために、この『国民投票法案』は、誰の目にも明らかな、いくつかの問題点を有しております。民主的な立憲主義をとる国のみなさんであれば、すぐにその問題にお気づきになるはずです。日本国内では連日、たとえば個人ブログがこのことを取り上げて議論がなされております。しかし、残念ながらブログを共有しているものの周辺でのやりとりに止まり、多くの国民に『国民投票法案』の重大さと、その危険性を周知するところまで至っておりません。これは、先にも述べましたが、日本国内の主要メディアがこの『国民投票法案』ことをほとんど取り上げてくれないからです。

それで、広く世界の方々へこの現在の日本の特殊事情を知らせるためにこのレポートは書かれております。このレポートを読んでくれたみなさんには、このメッセージを広く世界へ伝えるための協力をお願いします。世界中の平和と民主主義を守りたいみなさん、私たちの願いを聞いてください。以下に日本の憲法改正の問題点、及び今国会で成立する見通しの『国民投票法案』の問題点を列記いたします。

1.憲法を改正する理由

日本の行政府がその意図を国民に周知しておりません。何のための改正かの議論がなされないまま憲法が変えられようとしています。みなさんの国ではこのようなことがありますか。

2.法案の提出方法及び審議方法の違憲性

憲法改正の場合、まず国会で改正すべき条文についての議論がなされた後、その必要性を国民が確認した上で、国民投票法案が審議されるべきだと考えます。しかし、この『国民投票法案』は条文に対する言及もなく、政府与党及び内閣の側から発議されております。これは、憲法改正の発議方法としては非民主的で不公正な手続きです。

3.最低投票率を設けないことの是非

この『国民投票法案』では、投票率が低くても憲法は変えられるということです。このシステムだと棄権者が多い場合に国民の20%ほどの賛成で憲法を変えることができるようになっています。これで『国民投票法案』と言えるのでしょうか。

4.メディアの宣伝についての問題点

この『国民投票法案』では、改憲案に賛成あるいは反対するよう有料の宣伝広告をうつことができます。有料広告には、莫大な広告料がかかります。当然資金力のある方が有利な制度になります。まさに憲法を変えようとする方が資金を豊富に持っています。これでは公平性が保てないと考えます。

5.公務員及び教員の活動規制及び罰則

この『国民投票法案』では、公務員及び教員の活動規制及び罰則が定められています。日本では公務員には憲法擁護義務があり、特に教職員は、平和主義の立場から改憲に反対の意を表明するものが多くあります。この『国民投票法案』は、その勢力の口封じをするためにこういった規制を置いています。現行憲法を擁護する公務員からの主張が罰則の対象になりえます。このやり方は絶対に不公正です。

6.憲法への賛否の問い方(投票方法)

この『国民投票法案』では、投票方法があいまいです。今のままでは、複数の条文の抱き合わせで賛否を問う方法が可能になってしまいます。各条文の改正点ごとに賛否を問うべきだと考えます。どんな規則でも、その改正の是非を多数決で諮るのなら、しっかりとした審議がなされた後で、改正の可否を問う形になるはずです。この法律はそのような作りになっていません。

7.民主的な立憲主義を否定する全面的な改定

日本の政府与党の改憲案の問題点についても一言触れさせてください。
日本の政府与党の改憲案の最大の目的は、憲法によって戒められている国家権力をそのたがから外すことです。これは憲法の「全面的改定」であり、現政府与党の思惑通り改憲がなされれば、日本国憲法は全く違うものになってしまうでしょう。政府与党の改憲案には、基本的人権の後退、市民的自由の制限、平和主義の実質的な縮小ひいては放棄などの反民主主義的な内容が含まれています。さらに、硬性憲法である現憲法の改正が、容易にできるように条文が変えられています。この改正が意味するものは、「国民が国家に命令する」という本来の民主主義を縮小し、立憲主義を否定することを目的とした全面的な改定です。

私たちは、日本が戦争のできる国、非民主主義的あるいは非立憲主義的な国になってしまうことに反対です。再度お願いします。みなさん私たちのメッセージを広く世界へ伝えてください。

2007年4月15日


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/19-bc5c596b

0件のトラックバック

1件のコメント

[C48]

管理人のみ閲覧さま
はじめまして。レス遅れてしまい申し訳ありません。

賛同メッセージ&アドバイス有り難うございました。そうですね、若い層へのアピールも考えてみます。大学のサークル、共同研究等のブログ、HPに働きかけてみます。お心当たりのある方、ご紹介お願いします。

今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。