Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/20-f0ff260f

-件のトラックバック

[T56] はじめに

 「隣の国が怖いから、強い軍隊を持たなければならない」  「隣の国が危ない国だか

[T55] クーデターを許すな

「そいつは帽子だ!」のgonさんが「七色の風よ吹け」の中で、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」という共同声明文案を出してておられる。私も今の政府がやろうとしていることは「クーデター」だと思う。 gonさんへの賛同表明として、1月4

[T54] 「私たちは現日本政府による日本の体制変更(レジームチェンジ)に反対します」

「そいつは帽子だ!」でおなじみの沖縄の魂の詩人、ごんさんからの提案。まず次のリンク先をお読みください。『七色の風よ吹け』http://teagon.seesaa.net/article/39693270.html安倍首相が「戦後レジームからの脱却」

-件のコメント

[C47]

最強派遣秘書改め共同経営者の村野瀬さま
おはようございます

賛同のメッセージ、本当に心強いですよね。日々心身共に削られる消耗戦を支えてくれるのはこういったみなさんのおこころざしです。疲れが癒やされ、活力がわいてきます。頑張りましょう。

[C46] 賛同コメント

私の秘書課広報室にも賛同コメントがきています。^^
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-181.html#comment-top

[C45]

Rolling Beanさま
こんばんは

アドバイス有り難うございます。早速取り入れたいと思います。現在、この共同声明をより完全なものにするために、何名かの方々に文案の吟味をお願いしているところです。エントリー冒頭にも追記しましたが、今しばらくお待ちください。もちろんその間のご意見、お叱り等、引き続き承ります。気付いた点があれば、遠慮なくお申し付けください。
これからもよろしくお願いします。

[C44]

abi.abiさま
こんばんは

河野議長の発言とNHKの報道、私は見ていませんが、(abi.abiさまのコメントで知りました)とても心強い動きだと思います。とにかく、国内外を問わず、メディアが取り上げてくれるようになることが当ブログ活動の第一義です。

「日本国憲法」は今でも世界のトップモードです!

素晴らしいコピーですね。今度使わせていただきます。

[C43]

はじめまして。Rolling Beanと申します。
本声明の内容に賛同します。大変僭越ながら、何点か私見を挙げさせていただきます。
(ストレートに思いを主張することが第一だと思います。よって以下の私見は、各人の文体の差異に根ざすところもあり、思いの発露に弊害がない範囲でお考えいただければ、と存じます)

◆「以下の理由で反対します」の後の3項目:
理由の記載ですので、「・・・こと」と体言としたほうがバランスがよいかと思います。

◆二、への説明
・「憲法によって戒められている」→「日本国憲法によって・・・」
・改正→改定
(本当は改悪と言いたいところですが、カラーが付きすぎるので)

◆「私たちは、現日本政府が画策する体制変革によって、日本が戦争のできる国、非民主主義的あるいは非立憲主義的な国になってしまうことに反対します。」
→「国になってしまう」を「国へと変貌させられてしまう」「国へと変えられてしまう」など、成り行きによる変化でないことをさらに明示的に強調するとよいように思われます。

よろしくお願いいたします。

[C42] 憲法に手を出すな!

与党はますます前のめりで暴走しています。
そんな中、河野議長の慎重審議を求める発言。
NHKが報じたのはほぉーっと思いました。
外国からの疑問の声なんかがぽつぽつ聞こえますが、国内の反対を、もっと報じてほしいですね。
「日本国憲法」は今でも世界のトップモードです!

[C41]

村野瀬さま

貴重なご意見有り難うございます。早速取り入れたいと思います。

[C40] 「国民投票法」が「国民の主権を確実にする」と素朴に信じる人にも語りかけないと...

内容が完全であるに越したことはないけど、この場合はなるべく簡潔にわかりやすくいくべきでしょうね。

一つ。「私たちは以下の理由で現政府与党が成立を目指す「国民投票法案」に反対します」は、「私たちは現政府与党が成立を目指す、国民主権を確立しない不公平な「国民投票法案」に以下の理由で反対します」というように言ったらどうかなと思いました。

国民投票法によって国民主権が確立されると誤解している向きもありますので、そうではないときちんと訴える配慮が必要だと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

共同声明文(案)

お詫びとお知らせ
当ブログ「国民投票法案を語る」の提案する「共同声明」に賛同のメッセージ及びご意見をくだされたみなさん、本当に有り難うございました。つきましては、みなさんにご了承いただきたいことがございます。それは、この「共同声明文」の確定をしばらく先に延ばしたいということです。私は、先の4月22日に出されたエントリーにおいて、本日4月26日をもって「共同声明文」を確定させ、賛同の書名を募っていくと申し上げました。これは、政府与党の画策する参議院での強行採決が最短でその日になるかもしれない、という危惧もあり、この4月26日を設定したものです。 国会では、今もなお予断を許さない状況が続いていますが、この「共同声明文」をより完成度の高いものにするために今しばらくお時間をいただきます。どうかご了承ください。

(2007年4月26日)



共同声明文


「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」
       (私たちは現日本政府の「国民投票法案」及び「憲法改正案」に反対します)


一、私たちは現政府与党が成立を目指す、国民主権を確立しない不公平な「国民投票法案」に以下の理由で反対します



1、多くの国民が拙速な法案審議及び疑義を残したままの強行採決に反対していること


2、本国民投票法案には最低投票率の規定が設けられておらず国民の二割程度の賛成で改憲されてしまう内容であること


3、戦争という国権発動を戒めた憲法9条を守ること



二、私たちは現日本政府与党の画策する体制変革(改憲によるレジームチェンジ)に反対します



現在、日本の政府与党の改憲案の最大の目的は、日本国憲法によって戒められている国家権力をそのたがから外すことです。これは憲法の「全面的改定」であり、現政府与党の思惑通り改憲がなされれば、日本国憲法は全く違うものになってしまうでしょう。政府与党の改憲案には、基本的人権の後退、市民的自由の制限、平和主義の実質的な縮小ひいては放棄などの反民主主義的な内容が含まれています。さらに、硬性憲法である現憲法の改正が、容易にできるように条文が変えられています。この改定が意味するものは、「国民が国家に命令する」という本来の民主主義を縮小し、立憲主義を否定することを目的とした全面的な改定です。
日本の安倍晋三首相は、総理大臣就任直後から、「戦後レジームからの脱却」(※)をスローガンとして掲げ、その具体的な方策を憲法改改定という形で行うことを公言しております。これは国民主権、立憲主義を取る民主主義国においては、自らの国の拠って立つところを否定する暴挙と言わざるを得ません。



私たちは、現日本政府が画策する体制変革によって、日本が戦争のできる国、非民主主義的あるいは非立憲主義的な国へと変えられてしまうことに反対します。


※このことについて本日(07年4月22日)朝日新聞のオピニオン欄にてジェラルド・カーティス氏が「民主主義国のリーダーが自分の国のレジームチェンジ(体制変革)を訴えるなどというのは理解に苦しみます」と述べられています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お知らせ

この「共同声明文案」は本日(4月22日)より3日間、ご意見を募った後、4月26日をもって文面を確定し、賛同の署名を募っていきます。当ブログの趣旨にご賛同の皆様のご意見をお待ちしております。よろしくお願いします。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/20-f0ff260f

3件のトラックバック

[T56] はじめに

 「隣の国が怖いから、強い軍隊を持たなければならない」  「隣の国が危ない国だか

[T55] クーデターを許すな

「そいつは帽子だ!」のgonさんが「七色の風よ吹け」の中で、「私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します」という共同声明文案を出してておられる。私も今の政府がやろうとしていることは「クーデター」だと思う。 gonさんへの賛同表明として、1月4

[T54] 「私たちは現日本政府による日本の体制変更(レジームチェンジ)に反対します」

「そいつは帽子だ!」でおなじみの沖縄の魂の詩人、ごんさんからの提案。まず次のリンク先をお読みください。『七色の風よ吹け』http://teagon.seesaa.net/article/39693270.html安倍首相が「戦後レジームからの脱却」

8件のコメント

[C47]

最強派遣秘書改め共同経営者の村野瀬さま
おはようございます

賛同のメッセージ、本当に心強いですよね。日々心身共に削られる消耗戦を支えてくれるのはこういったみなさんのおこころざしです。疲れが癒やされ、活力がわいてきます。頑張りましょう。

[C46] 賛同コメント

私の秘書課広報室にも賛同コメントがきています。^^
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-181.html#comment-top

[C45]

Rolling Beanさま
こんばんは

アドバイス有り難うございます。早速取り入れたいと思います。現在、この共同声明をより完全なものにするために、何名かの方々に文案の吟味をお願いしているところです。エントリー冒頭にも追記しましたが、今しばらくお待ちください。もちろんその間のご意見、お叱り等、引き続き承ります。気付いた点があれば、遠慮なくお申し付けください。
これからもよろしくお願いします。

[C44]

abi.abiさま
こんばんは

河野議長の発言とNHKの報道、私は見ていませんが、(abi.abiさまのコメントで知りました)とても心強い動きだと思います。とにかく、国内外を問わず、メディアが取り上げてくれるようになることが当ブログ活動の第一義です。

「日本国憲法」は今でも世界のトップモードです!

素晴らしいコピーですね。今度使わせていただきます。

[C43]

はじめまして。Rolling Beanと申します。
本声明の内容に賛同します。大変僭越ながら、何点か私見を挙げさせていただきます。
(ストレートに思いを主張することが第一だと思います。よって以下の私見は、各人の文体の差異に根ざすところもあり、思いの発露に弊害がない範囲でお考えいただければ、と存じます)

◆「以下の理由で反対します」の後の3項目:
理由の記載ですので、「・・・こと」と体言としたほうがバランスがよいかと思います。

◆二、への説明
・「憲法によって戒められている」→「日本国憲法によって・・・」
・改正→改定
(本当は改悪と言いたいところですが、カラーが付きすぎるので)

◆「私たちは、現日本政府が画策する体制変革によって、日本が戦争のできる国、非民主主義的あるいは非立憲主義的な国になってしまうことに反対します。」
→「国になってしまう」を「国へと変貌させられてしまう」「国へと変えられてしまう」など、成り行きによる変化でないことをさらに明示的に強調するとよいように思われます。

よろしくお願いいたします。

[C42] 憲法に手を出すな!

与党はますます前のめりで暴走しています。
そんな中、河野議長の慎重審議を求める発言。
NHKが報じたのはほぉーっと思いました。
外国からの疑問の声なんかがぽつぽつ聞こえますが、国内の反対を、もっと報じてほしいですね。
「日本国憲法」は今でも世界のトップモードです!

[C41]

村野瀬さま

貴重なご意見有り難うございます。早速取り入れたいと思います。

[C40] 「国民投票法」が「国民の主権を確実にする」と素朴に信じる人にも語りかけないと...

内容が完全であるに越したことはないけど、この場合はなるべく簡潔にわかりやすくいくべきでしょうね。

一つ。「私たちは以下の理由で現政府与党が成立を目指す「国民投票法案」に反対します」は、「私たちは現政府与党が成立を目指す、国民主権を確立しない不公平な「国民投票法案」に以下の理由で反対します」というように言ったらどうかなと思いました。

国民投票法によって国民主権が確立されると誤解している向きもありますので、そうではないときちんと訴える配慮が必要だと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。