Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/32-89890c91

-件のトラックバック

[T357]

環境アセスメント環境アセスメント(かんきょう あせすめんと)とは、環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことを指す場合が多い。日本では、1997年(平成9年)に環境影響評価法

[T350] 防衛 省

NHK最新情報・・・<小池防衛相>「神戸の港湾組合、震災支援を阻害」発言小池事務所は「非核証明を出さない限り米艦艇が入港できないという、いわゆる『神戸方式』を念頭に置いた発言でした」と説明している。 防衛省報道室は「防衛省は当

[T215] 政治倫理綱領 (昭和六十年六月二十五日議決)

森田実さんが、5月24日の朝日新聞の社説に引用されていた1985年の政治倫理綱領を全文紹介しています。当時の国会で議決された綱領です。不勉強にして、こういうものがあったことを私は知りませんでした。謹んでここにも引用

[T210] 辺野古沖合 「日本海軍」がやってきた

5月号の中から、沖縄リポートを掲載します。沖縄リポートはJCJのホームページに掲載されていないのでここでお読みください。JCJ機関紙の内容を全部紹介するのが、このブログの目的ではありませんが、大事な問題ですし、浦島さんの記事を皆さんと共有しようと思います

[T184] 07年5月23日・ 改憲までのハードル

 先日から辺野古の米軍(=自衛隊)基地建設問題でブログの皆さんは情報をいろいろ書き込んでおられる。 私は庁が省に昇格したときから、自衛隊が正面に出てくると思っていましたから別に驚かなかったが、その反面、国民投票法や護憲についての事柄が少なくなったのが寂し

[T183] 07年5月23日・水曜日  「私は貝になりたい」

 今朝の番組でスマップの中居君が「私は貝になりたい」の主役で再映画化されると言っていました。      思えば、昭和33年にフランキー堺がC級戦犯で絞首刑になり、その処刑される時に「もし生まれ変わるなら海底深くの貝になりたい」と言ったと記憶している。映画を

[T181] 07年5月22日 新聞の切り抜き 甘いささやき気をつけろ

07年5月22日 新聞の切り抜き 選挙前になると自民党はいろいろ目新しいことを出して、国民の目を引こうとする。   官僚機構もピラミッド形だが、学校,所謂先生も複雑なピラミッドに作り替えようとしている。18日の朝日新聞にその構図がイラストになって出ていた。  

[T180] 07年5月22日・火曜日 甘いささやきには気をつけよう。

07年5月22日・火曜日 20日の日曜日に自民党の中川幹事長が、四国の松山で演説をしたらしい。その内容は。    であるが、新憲法草案を国民大衆に募集をすると言うのだ。 国民のみなさん、よく考えてみよう。今までの一連の自民党の行動を見て、本気で国民に新憲法草案

[T177] ブログ休暇中に感じたこと 最終回

 ブログ休暇中に感じたこと 最終回最後にブログの仲間に入って感じたことを書いてみます。 私たちWeb仲間のブログやHPを見ていると、憲法改正は阻止できると感じます。 書き込みの中身には、どこそこで反対集会。何なに有名人の演説会そして、先だっての国民投票法反対

[T175] 07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開

07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開   今朝の朝スバッで、国立公文書館で明日22日まで普段見ることの出来ない憲法の原本を公開しているそうです。    私が見逃していたのかも分かりません。憲法記念日から始まっているそうですが、もっと早くメデ

[T173] ブログ休暇中に感じたこと その4

ブログ休暇中に感じたこと その4 憲法改正前の手続きの一つ国民投票法が参議院で可決しましたから、日本は改憲に向かって走り出したのは間違いありません。 半世紀前に絶対武器は持たないと日本の国民全員が誓ったはずの戦争放棄の柱が揺れ動いている何故でしょう。 改

[T172] 松岡農水大臣の暴言

水浦征男(長崎市・神父) 諫早湾干拓によって壊滅状態の有明海の漁業を救え (2007.4.10)________________________________________ 松岡勝利農水大臣といえば、諫早湾干拓事業のゴチゴチの推進派です。彼が、干拓

[T170] 「理屈付けはいくらでもある」、日本が国民主権でなく政府与党主権の国であることの証拠

「理屈付けはいくらでもある。」これは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設に備え、シュワブ沖でサンゴの生息状況などを調べる事前調査のために自衛隊を沖縄に派遣することに

[T169] 07年5月20日・日曜日 今日の時事放談から

07年5月20日・日曜日 毎週、日曜日は早朝から時事放談を見ている。 何時も出演するメンバーは、元政治家や老人ばかりの与党系の人物が多いので皆さんは興味がないかもしれない。  ただ不思議に思うのは、元自民党で政治家を引退した人物は野に下ると、しごくまともな事

[T168] 「事前調査はアセス法違反だ!!」okinawa_maxiさんの記事をリンク

拙ブログに「沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page」 okinawa_maxiさんより、下記のコメントを頂きました。 TBありがとうございます。メディアは、報じないだけならまだしも、朝日.comはとんでもない政府からの「垂れ流し」報道をしています。環境アセス法で、「

[T167] 代々木にて

辺野古の話をいっぱいで来ました。 自分がお手伝いでお世話になってるライブハウスが

[T166] ブログ休暇中に感じたこと その3

ブログ休暇中に感じたこと その3 日本は軍隊は持たないと誓ったのに何故改憲派が増えたのか。 一つ答えが見みえた気がしました。 先日、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、 昔を思い出すのは目では見ていない。脳の中で見ているだと言っていました。そして、その

[T165] 07年5月19日・土曜日 天下り

07年5月19日・土曜日 先日から国会は社保庁問題に取り組んでいる。 自民党は社保庁を6分割すると言っているが、おそらく厚労省の官僚が持ち込んだものではないだろうか、複雑怪奇で政治家の好きな解釈次第ではどうにでもなる感じだ。 朝ズバでその構図が分かりやすいテロ

[T164] 半世紀前の砂川闘争から学んだこと (けやき出版,吉川勇一,2005-11-03)

辺野古の年寄りたちはジュゴンの棲む美しい海を守るために8年間座り込みを続けてきた.沖縄には60年前に体験した戦争の地獄絵の記憶がある.しかし辺野古のオジィ,オバァの闘いはむしろこの沖縄の基地から飛び立ってゆく米軍機がベトナムやイラクの人たちの頭上に爆弾を

[T163] [辺野古]無法国家の夜明け

きのう発生した台風2号{Yutu)は急速にヤップから遠ざかりつつあり、こちらでは朝から陽がさしています。さて心配な沖縄「辺野古」では、今朝ついに環境アセス法に大幅に違反した防衛施設庁の海域現況調査(事前調査)が、非暴力で座り込みする市民を、海上自衛艦と海自隊

[T162] [辺野古]WWF Japanの声明文とウエブ署名(追記あり)

リーフチェッカー’さめ’さん経由の情報を紹介します。いま辺野古で行われていることを、海外の人たちにもできるだけ多く知らせたいと思っていたところ、英語と日本語で書かれているウエブ署名サイトが立ち上がっていました。沖縄のジュゴンを守るために、那覇防衛施設局に

[T161] [辺野古]みてみて>パジチリぶんご君

宮城ヤスヒロさんのブログ「なごなく雑記」パジチリぶんご君.その1http://miyagi.no-blog.jp/nago/2007/05/post_6c0e.htmlです。作者の「どこにでももっていってくれていい」というお言葉に甘えて、うちにつれてきちゃいました。ぶんご君をここからどっかにつれていきたい

[T158] 海自「辺野古」に展開

海自ヘリ、辺野古上空に 機器設置18日へ 米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で、17日から予定されていた調査機器の設置作業は18日からの開始に延期された。理由は不明。16日午前には、設置作業支援の海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」(5700トン)

[T157] ジュゴンと豊かな環境を守るための環境アセスを! オンライン署名

コメント欄に紹介いただいたオンライン署名をupします。沖縄には行けなくても、できることがあります。ジュゴンと豊かな環境を守るための環境アセスを! (オンライン署名)絶滅危惧種ジュゴンの棲む沖縄本島北部、辺野古/大浦湾の沿岸に、巨大な米軍基地を建設する計画

[T155] 辺野古の「環境現況調査」は違法である2

■「辺野古の「環境現況調査」は違法である」「ようやく全国紙もとりあげはじめた海上自衛隊出動」の続編。■現状で、もっとも状況を整理しているとおもわれる2本の記事の一部を転載。■まずは、『ミクロネシアの小さな島・ヤップより』から、「[辺野古]無法国家の夜明..

[T154] 沖縄「本土復帰」35年目の皮肉

やや遅れた感じがしないでもないですが、沖縄が「復帰」して35年が経過しました。やはり、沖縄からの視点で「復帰」とすべきでしょう。思えば当時、首都圏から遠く離れた九州では、まだ学生運動がけっこう激しいように私には受け取れました。私が入学した大学も、九州の拠

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する

今回は
辺野古への法の手続きを無視した環境調査と
法的根拠を明らかにしないままの現地への自衛隊の投入に対する抗議文
「環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する」WWF ジャパン自然保護室
全文を転載いたします


◆日本語版抗議文
2007年5月14日

環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する


WWFジャパン


 防衛省は,環境影響評価法を無視して辺野古・大浦湾の環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている.さらには,海上自衛隊の掃海母艦を沖縄に派遣して同調査を支援するとのことである.WWFジャパンは,辺野古・大浦湾海域のジュゴン生息域の保全,環境影響評価法の適正な実行という観点から,防衛省の環境影響評価法に対する不法行為ならびに海上自衛隊艦船と隊員の派遣に強く抗議する.

1. 防衛省は,環境アセスメント手続きに入る前に,環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている.しかし,法律にもとづき適正な手続きに従って進められなければ,科学的で開かれた環境アセスメントにはならない.非公開で現況調査を実施してしまい,その後に,順番を違えて方法書を作成し,事前の現況調査結果をもって準備書,評価書を作成するやり方は,環境アセスメントの形骸化であり,環境影響評価法の精神をないがしろにする不法行為である.

2. 自然環境や野生生物を調査し,開発による影響を予測し評価するためには,方法書段階で専門家や環境団体,住民等の意見を求め,調査対象に影響が少ない方法を採用しなければならない.しかし,この環境現況調査は非公開であり,調査内容や使用器具に関しては,調査方法の妥当性,器具の影響等について判断することが困難ない状況にある.そのため,この事前調査が環境や生物に影響を与えてしまった場合,後の環境アセスメントは不正確な調査にならざるを得ず,信頼がおけないものになってしまう.

3. このような不法な調査に,海上自衛隊の艦船と隊員を派遣し,威圧的に調査を実施してしまうやり方は,到底,民主的な政府のやることではない.防衛省は,海上自衛隊艦船の派遣と環境現況調査を中止して,合法的で適正な環境アセスメント手続きを取るべきである.

以上

この抗議文に関する問い合わせ先
花輪伸一
WWF ジャパン自然保護室
〒105-0014東京都港区芝3-1-14
TEL.03-3769-1713,FAX.03-3769-1717,hanawa@wwf.or.jp

-------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------
◆英文版抗議文

A Statement of Remonstration against the breach of the Environmental Impact Assessment Law by the Japanese Ministry of Defense

WWF-Japan


The Ministry of Defense is planning to execute a preliminary survey of the Henoko and Ooura bay, an act which runs against the Japanese Environmental Impact Assessment Law. Moreover, the Ministry is preparing to dispatch a minesweeper tender to Okinawa to aid in the survey. WWF-Japan strongly opposes this breach of the environmental impact assessment law as well as the action of dispatching a minesweeper tender; WWF-Japan works towards the environmental conservation of the Henoko and Ooura bay, critical habitats for the Okinawan dugong. WWF-Japan hopes to maintain the environmental impact assessment law.

1. The Ministry of Defense plans to execute a preliminary survey before
processing the Environmental Impact Assessment. However, this will not be a precise or open environmental assessment, since the appropriate law-abiding procedures will not be/ have not been conducted. By surveying in chambers and not creating a methodological document of the survey as part of the preparatory court pleading and drafting of the evaluation document, the Ministry merely upholds a facade of the Environmental Impact Assessment and disregards the central meaning of the Environmental Impact Assessment Law, tantamount to tort.

2. In order to survey the environment and wildlife to predict and evaluate the impact cause by such a development, it is essential to consult experts, environmental protection agencies, and local residents in order to ascertain the best methods to adopt, causing the minimum amount of impact on the surveyed environment. However, since the Ministry's action is non-disclosure, it is difficult to assess the validity of its investigative methods, as well as the possible influence
of the instruments and devices it deploys. Therefore if this preliminary survey affects the environment, later Environmental Impact Assessments inevitably become inaccurate and unreliable.

3. To dispatch members and a Maritime Self-Defense Force warship to execute a survey coercively is not the action of a democratic government. The Ministry of Defense should abandon the plan to dispatch a minesweeper tender and to carry out a irrelevant preliminary survey, and should instead go through the proper legal procedures pertaining to the Environmental Impact Assessment.

For inquiries please contact:
Shin-ichi Hanawa
WWF-Japan, Nature conservation division
3-1-14 Shiba Minato-ku Tokyo 105-0014 Japan
TEL.+81-3-3769-1713,FAX.+81-3-3769-1717
hanawa@wwf.or.jp

--------------------------------------------------------------------

◆辺野古海域の自然を守るための署名にご協力をお願いいたします!

絶滅危惧種ジュゴンの棲む沖縄の辺野古/大浦湾沿岸における米軍基地建設計画が、今重大な局面を迎えています。

那覇防衛施設局は、環境影響評価(環境アセス)の手続きを開始しようとしており、契約コンサルタント各社は「予備調査」にすでに着手しています。

私たちは、この那覇防衛施設局の新たな動きに懸念を抱き、インターネットにおける署名運動を始めました。この署名運動は、沖縄のジュゴンを守るために、那覇防衛施設局に対して、国際社会に恥じない環境アセスを実施するように要請しています。

署名サイトへはここをクリックして下さい  

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/tb.php/32-89890c91

26件のトラックバック

[T357]

環境アセスメント環境アセスメント(かんきょう あせすめんと)とは、環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことを指す場合が多い。日本では、1997年(平成9年)に環境影響評価法

[T350] 防衛 省

NHK最新情報・・・<小池防衛相>「神戸の港湾組合、震災支援を阻害」発言小池事務所は「非核証明を出さない限り米艦艇が入港できないという、いわゆる『神戸方式』を念頭に置いた発言でした」と説明している。 防衛省報道室は「防衛省は当

[T215] 政治倫理綱領 (昭和六十年六月二十五日議決)

森田実さんが、5月24日の朝日新聞の社説に引用されていた1985年の政治倫理綱領を全文紹介しています。当時の国会で議決された綱領です。不勉強にして、こういうものがあったことを私は知りませんでした。謹んでここにも引用

[T210] 辺野古沖合 「日本海軍」がやってきた

5月号の中から、沖縄リポートを掲載します。沖縄リポートはJCJのホームページに掲載されていないのでここでお読みください。JCJ機関紙の内容を全部紹介するのが、このブログの目的ではありませんが、大事な問題ですし、浦島さんの記事を皆さんと共有しようと思います

[T184] 07年5月23日・ 改憲までのハードル

 先日から辺野古の米軍(=自衛隊)基地建設問題でブログの皆さんは情報をいろいろ書き込んでおられる。 私は庁が省に昇格したときから、自衛隊が正面に出てくると思っていましたから別に驚かなかったが、その反面、国民投票法や護憲についての事柄が少なくなったのが寂し

[T183] 07年5月23日・水曜日  「私は貝になりたい」

 今朝の番組でスマップの中居君が「私は貝になりたい」の主役で再映画化されると言っていました。      思えば、昭和33年にフランキー堺がC級戦犯で絞首刑になり、その処刑される時に「もし生まれ変わるなら海底深くの貝になりたい」と言ったと記憶している。映画を

[T181] 07年5月22日 新聞の切り抜き 甘いささやき気をつけろ

07年5月22日 新聞の切り抜き 選挙前になると自民党はいろいろ目新しいことを出して、国民の目を引こうとする。   官僚機構もピラミッド形だが、学校,所謂先生も複雑なピラミッドに作り替えようとしている。18日の朝日新聞にその構図がイラストになって出ていた。  

[T180] 07年5月22日・火曜日 甘いささやきには気をつけよう。

07年5月22日・火曜日 20日の日曜日に自民党の中川幹事長が、四国の松山で演説をしたらしい。その内容は。    であるが、新憲法草案を国民大衆に募集をすると言うのだ。 国民のみなさん、よく考えてみよう。今までの一連の自民党の行動を見て、本気で国民に新憲法草案

[T177] ブログ休暇中に感じたこと 最終回

 ブログ休暇中に感じたこと 最終回最後にブログの仲間に入って感じたことを書いてみます。 私たちWeb仲間のブログやHPを見ていると、憲法改正は阻止できると感じます。 書き込みの中身には、どこそこで反対集会。何なに有名人の演説会そして、先だっての国民投票法反対

[T175] 07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開

07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開   今朝の朝スバッで、国立公文書館で明日22日まで普段見ることの出来ない憲法の原本を公開しているそうです。    私が見逃していたのかも分かりません。憲法記念日から始まっているそうですが、もっと早くメデ

[T173] ブログ休暇中に感じたこと その4

ブログ休暇中に感じたこと その4 憲法改正前の手続きの一つ国民投票法が参議院で可決しましたから、日本は改憲に向かって走り出したのは間違いありません。 半世紀前に絶対武器は持たないと日本の国民全員が誓ったはずの戦争放棄の柱が揺れ動いている何故でしょう。 改

[T172] 松岡農水大臣の暴言

水浦征男(長崎市・神父) 諫早湾干拓によって壊滅状態の有明海の漁業を救え (2007.4.10)________________________________________ 松岡勝利農水大臣といえば、諫早湾干拓事業のゴチゴチの推進派です。彼が、干拓

[T170] 「理屈付けはいくらでもある」、日本が国民主権でなく政府与党主権の国であることの証拠

「理屈付けはいくらでもある。」これは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設に備え、シュワブ沖でサンゴの生息状況などを調べる事前調査のために自衛隊を沖縄に派遣することに

[T169] 07年5月20日・日曜日 今日の時事放談から

07年5月20日・日曜日 毎週、日曜日は早朝から時事放談を見ている。 何時も出演するメンバーは、元政治家や老人ばかりの与党系の人物が多いので皆さんは興味がないかもしれない。  ただ不思議に思うのは、元自民党で政治家を引退した人物は野に下ると、しごくまともな事

[T168] 「事前調査はアセス法違反だ!!」okinawa_maxiさんの記事をリンク

拙ブログに「沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page」 okinawa_maxiさんより、下記のコメントを頂きました。 TBありがとうございます。メディアは、報じないだけならまだしも、朝日.comはとんでもない政府からの「垂れ流し」報道をしています。環境アセス法で、「

[T167] 代々木にて

辺野古の話をいっぱいで来ました。 自分がお手伝いでお世話になってるライブハウスが

[T166] ブログ休暇中に感じたこと その3

ブログ休暇中に感じたこと その3 日本は軍隊は持たないと誓ったのに何故改憲派が増えたのか。 一つ答えが見みえた気がしました。 先日、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、 昔を思い出すのは目では見ていない。脳の中で見ているだと言っていました。そして、その

[T165] 07年5月19日・土曜日 天下り

07年5月19日・土曜日 先日から国会は社保庁問題に取り組んでいる。 自民党は社保庁を6分割すると言っているが、おそらく厚労省の官僚が持ち込んだものではないだろうか、複雑怪奇で政治家の好きな解釈次第ではどうにでもなる感じだ。 朝ズバでその構図が分かりやすいテロ

[T164] 半世紀前の砂川闘争から学んだこと (けやき出版,吉川勇一,2005-11-03)

辺野古の年寄りたちはジュゴンの棲む美しい海を守るために8年間座り込みを続けてきた.沖縄には60年前に体験した戦争の地獄絵の記憶がある.しかし辺野古のオジィ,オバァの闘いはむしろこの沖縄の基地から飛び立ってゆく米軍機がベトナムやイラクの人たちの頭上に爆弾を

[T163] [辺野古]無法国家の夜明け

きのう発生した台風2号{Yutu)は急速にヤップから遠ざかりつつあり、こちらでは朝から陽がさしています。さて心配な沖縄「辺野古」では、今朝ついに環境アセス法に大幅に違反した防衛施設庁の海域現況調査(事前調査)が、非暴力で座り込みする市民を、海上自衛艦と海自隊

[T162] [辺野古]WWF Japanの声明文とウエブ署名(追記あり)

リーフチェッカー’さめ’さん経由の情報を紹介します。いま辺野古で行われていることを、海外の人たちにもできるだけ多く知らせたいと思っていたところ、英語と日本語で書かれているウエブ署名サイトが立ち上がっていました。沖縄のジュゴンを守るために、那覇防衛施設局に

[T161] [辺野古]みてみて>パジチリぶんご君

宮城ヤスヒロさんのブログ「なごなく雑記」パジチリぶんご君.その1http://miyagi.no-blog.jp/nago/2007/05/post_6c0e.htmlです。作者の「どこにでももっていってくれていい」というお言葉に甘えて、うちにつれてきちゃいました。ぶんご君をここからどっかにつれていきたい

[T158] 海自「辺野古」に展開

海自ヘリ、辺野古上空に 機器設置18日へ 米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で、17日から予定されていた調査機器の設置作業は18日からの開始に延期された。理由は不明。16日午前には、設置作業支援の海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」(5700トン)

[T157] ジュゴンと豊かな環境を守るための環境アセスを! オンライン署名

コメント欄に紹介いただいたオンライン署名をupします。沖縄には行けなくても、できることがあります。ジュゴンと豊かな環境を守るための環境アセスを! (オンライン署名)絶滅危惧種ジュゴンの棲む沖縄本島北部、辺野古/大浦湾の沿岸に、巨大な米軍基地を建設する計画

[T155] 辺野古の「環境現況調査」は違法である2

■「辺野古の「環境現況調査」は違法である」「ようやく全国紙もとりあげはじめた海上自衛隊出動」の続編。■現状で、もっとも状況を整理しているとおもわれる2本の記事の一部を転載。■まずは、『ミクロネシアの小さな島・ヤップより』から、「[辺野古]無法国家の夜明..

[T154] 沖縄「本土復帰」35年目の皮肉

やや遅れた感じがしないでもないですが、沖縄が「復帰」して35年が経過しました。やはり、沖縄からの視点で「復帰」とすべきでしょう。思えば当時、首都圏から遠く離れた九州では、まだ学生運動がけっこう激しいように私には受け取れました。私が入学した大学も、九州の拠

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。