Entries

20070605073627.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』の韓国語バージョン

自民党とは正反対、言葉本来の意味で凛とした美しい反日的毒電波在韓広島人、ハムニダ薫さんが共同声明の韓国語訳を作ってくださいました。ありがとうございます。こちらでも転載させていただきます。韓国語ネイティブの人の手も加えられているとのことなので、訳はばっちりでしょう。お知り合いに韓国人がいる方はぜひ紹介を!


 


----以下転載----


世界平和の野望ことごんさんと、美人秘書の村野瀬 玲奈さんによる共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』の韓国語バージョンです。

遅くなってたいへん申し訳ないです。

これから韓国メディア関係などに送ろうと思いますが、修正すべき点や提案などがありましたら、ぜひご指摘ください。え~っと、ヤル気のなさそうなレイアウトになってますが、明日以降、随時修正していきます。


この共同声明に賛同していただいた方で、署名がまだの方はコチラのページへご署名お願いします。

それでは韓国語バージョンをどうぞ。


追記を表示

List of the members of the Japanese Diet who signed the full-page public comment in Washington Times on June 14th, 2007, to pretend that "no historical document has ever been found by historians or research organizations that positively demonstrate that women were forced against their will into prostitution by the Japanese imperial army

今回は当ブログ共同経営者の村野瀬玲奈
「村野瀬玲奈の秘書課広報室」より
「ワシントンポスト紙『慰安婦強制制否定の全面広告』を恥じる」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-267.html#comment-top
および
2007年6月14日 ワシントンポスト紙 従軍慰安婦性奴隷)強制文書否定広告署名国会議員 名簿(衆議院、参議院、五十音順) (2007年6月15日作成)
 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-266.html
をこちらにも転載させていただきます


 




 


 


2007年6月14日ワシントンポスト紙「慰安婦強制性否定の全面広告」を恥じる


2007年6月14日の米ワシントンポスト紙に「従軍慰安婦への強制性を否定する全面意見広告」が日本の国会議員、右派論壇人、右派ジャーナリストらによって出されたことを、

碧猫さんの「13日の金曜日」
アメリカの新聞に日本の国会議員44人が「慰安婦強制の文書無し」
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-173.html

で知り、以下のブログでも記事にされていることを確認しました。

「黙然日記」
[watch][komorin][iza]古森義久氏と櫻井よしこ氏らと意見広告合戦。
http://d.hatena.ne.jp/pr3/20070615/1181881738

やっしゃんさんの「美しい壺日記」
「慰安婦強制性否定の全面広告」にキレた
http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-82.html

bat99さんの「bat99の日記」
自らの不明を恥じる
http://d.hatena.ne.jp/bat99/20070615

晴天とら日和
従軍慰安婦問題で世界に恥をさらす。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/2007-06.html#20070615

この恥ずべき全面広告と、広告に氏名を出している国会議員、論壇人、ジャーナリストらに対する批判と悲しみを込めた抗議の意を表するためにこのエントリーを書きました。また、これらの国会議員に抗議の意見を送るための名簿を作成しました。こういう国会議員が日本国民の意見を代表していると思われたら世界に対して顔向けができないから。

名簿はこちらです。和文(国会事務所、後援会事務所)、英文(国会事務所のみ)で作りました。転載、転送、議員への抗議メッセージを送るための利用を歓迎します。

2007年6月14日 ワシントンポスト紙 従軍慰安婦(性奴隷)強制文書否定広告署名国会議員(衆議院、参議院、五十音順) (2007年6月15日作成) 和文表記
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-266.html

List of the members of the Japanese Diet who signed the full-page public comment in Washington Times on June 14th, 2007, to pretend that "no historical document has ever been found by historians or research organizations that positively demonstrate that women were forced against their will into prostitution by the Japanese army" (2007年6月14日 ワシントンポスト紙 従軍慰安婦強制文書否定広告署名国会議員 名簿(衆議院、参議院、アルファベット順) (2007年6月15日作成) 英文表記)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-265.html





List of the members of the Japanese Diet who signed the full-page public comment in Washington Times on June 14th, 2007, to pretend that "no historical document has ever been found by historians or research organizations that positively demonstrate that women were forced against their will into prostitution by the Japanese army"


2007年6月14日 ワシントンポスト紙 従軍慰安婦強制文書否定広告署名国会議員 名簿(衆議院、参議院、アルファベット順) (2007年6月15日作成) 英文表記

List of the members of the Japanese Diet who signed the full-page public comment in Washington Times on June 14th, 2007, to pretend that "no historical document has ever been found by historians or research organizations that positively demonstrate that women were forced against their will into prostitution by the Japanese army" (in alphabetical order)

(List made on June 15th, 2007)

Name / Official site / E-mail / Postal address of their Diet office (Japan) / Telephone number / Fax number

Mr. AICHI Kazuo,http://www.aichi-kazuo.net/ ,info@aichi-kazuo.net,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-322",TEL: 03-3508-7322 ,FAX: 03-5996-7341
Mr. AKAIKE Masaaki,http://www.ykj.or.jp/akaike/,ma@akaike.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-733",TEL: 03-3508-7343 ,FAX: 03-3508-3733
Mr. DOI Masaki,http://www.doimasaki.jp/ ,info@doimasaki.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-701",TEL: 03-3508-7387 ,FAX: 03-3508-3701
Mr. DOI Toru,http://www.doi-toru.com/,doi-office@doi-toru.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-434",TEL: 03-3508-7134 ,FAX: 03-3508-3434
Mr. ETO Taku,http://www.face.ne.jp/etohtaku/ ,etohtaku@face.ne.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-718",TEL: 03-3508-7468 ,FAX: 03-3591-3063
Mr. FURUKAWA Yoshihisa,http://www.furukawa-yoshihisa.com/ ,yomigaere-nippon@love.made.ne.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-612",TEL: 03-3508-7612 ,FAX: 03-3506-2503
Mr. HAYASHI Jun,http://www.hayashi-jun.com/ ,hayashi@hayashi-jun.com,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-530",TEL: 03-3508-7050 ,FAX: 03-3508-3960
Mr. HIRANUMA Takeo,http://www.hiranuma.org/ ,info@hiranuma.org,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-310",TEL: 03-3508-7310 ,FAX: 03-3502-5084
Ms. INADA Tomomi,http://www.inada-tomomi.com/ ,,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-235",TEL: 03-3508-7035 ,FAX: 03-3508-3835
Mr. ISHIZEKI Takashi,http://www.ishizeki.jp/ ,info@ishizeki.jp; h08822@shugiin.go.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-736",TEL: 03-3508-7286 ,FAX: 03-3508-3736
Mr. IZUMI Kenta,http://www.ikenta.net/ ,office@iKENTA.net,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-205",TEL: 03-3508-7005 ,FAX: 03-3508-3805
Mr. JINPU Hideo,http://www.jinpu.ne.jp/top.html,info@jinpu.ne.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-227",TEL: 03-3508-7027 ,FAX: 03-3508-3827
Mr. KAGITA Chuubee,http://www.kagichu.net/ ,kagichu@kagichu.net; g08730@shugiin.go.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-313",TEL: 03-3508-7063 ,FAX: 03-3508-3383
Mr. KAMEOKA Yoshitami,http://www1.neweb.ne.jp/wb/yoshitami/ ,kame3@mc.neweb.ne.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-511",TEL: 03-3508-7511 ,FAX: 03-3508-3941
Mr. KAWAMURA Takashi,http://www.takashi-kawamura.com/ ,mail@takashi-kawamura.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-537",TEL: 03-3508-7902 ,FAX: 03-3508-3537
Mr. KIHARA Minoru,http://kiharaminoru.jp/ ,http://kiharaminoru.jp/modules/liaise/index.php?form_id=2,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-727",TEL: 03-3508-7477 ,FAX: 03-3508-3357
Mr. KITAGAMI Keiro,http://www.kitagami.gr.jp/ ,info@kitagami.gr.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-638",TEL: 03-3508-7638 ,FAX: 03-3508-3268
Mr. KOBIKI Tsukasa,http://www.kobiki.info/ ,mail@kobiki.info,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-305",TEL: 03-3508-7305 ,FAX: 03-3508-3305
Mr. MAKI Yoshio,http://www.makiyoshio.jp/,Mail form in the official site,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-433",TEL: 03-3508-7133 ,FAX: 03-3508-3433
Mr. MATSUBARA Jin,http://www.jin-m.com/ ,jin-jin@fsinet.or.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-702",TEL: 03-3508-7452,FAX: 03-3580-7336
Mr. MATSUKI Kenko,http://kenko-matsuki.jp/ ,webmaster@kenko-matsuki.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-306",TEL: 03-3508-7306 ,FAX: 03-3508-9033
Mr. MATSUMOTO Fumiaki,http://homepage2.nifty.com/F-MATUMOTO/,f-matsumoto@mbf.nifty.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-239",TEL: 03-3508-7239 ,FAX: 03-3508-3239
Mr. MATSUMOTO Yohei,http://www012.upp.so-net.ne.jp/yohei/ ,yohei@rb3.so-net.ne.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-728",TEL: 03-3508-7478 ,
Mr. MATSUSHITA Shinpei,http://www.shinnpei.com/,new@shinnpei.com,"100-8962 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-1 Sangiin 433",TEL: 03-3508-8433 ,FAX: 03-5512-2433
Mr. MUTO Yoji,,,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-229",TEL: 03-3508-7029 ,
Mr. NAKAGAWA Yoshio,http://www.nakagawa-yoshio.com/,goiken@nakagawa-yoshio.com,"100-8962 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-1 Sangiin 420",TEL: 03-3508-8420 ,FAX: 03-3593-2010
Ms. NISHIMOTO Katsuko,http://www.nishimotokatsuko.com/,e-mail@nishimotokatsuko.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-213",TEL: 03-3508-7213 ,FAX: 03-3508-3213
Mr. NISHIMURA Shingo,http://www.n-shingo.com/ ,g03421@shugiin.go.jp; sakaioffice@n-shingo.com,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-417",TEL: 03-3508-7417 ,FAX: 03-3508-3897
Mr. OGAWA Yuichi,http://www2.odn.ne.jp/~caq30550/ ,yuichi@ogawa21.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-440",TEL: 03-3508-7140 ,FAX: 03-3508-3440
Mr. OKABE Hideaki,http://www.okabe-office.com/,jimin-iba5@okabe-office.com,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-314",TEL: 03-3508-7064 ,FAX: 03-3508-3844
Mr. OOTSUKA Takashi,http://www.otsuka001.com/,takashi@otsuka001.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-615",TEL: 03-3508-7185 ,FAX: 03-3508-3615
Mr. RYU Hirofumi,http://www.ryu-h.net/ ,http://www.ryu-h.net/contact/opinion_mail/,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-420",TEL: 03-3581-5111 Int.5420,FAX: 03-3508-7120
Mr. SAKAI Manabu,http://www.sakaimanabu.com/ ,info@sakaimanabu.com,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-532",TEL: 03-3508-7092 ,FAX: 03-3508-3962
Mr. SHIMAMURA Yoshinobu,http://www.shimamura-yoshinobu.com/menu/index.html ,info@shimamura-yoshinobu.com; tokyo-office@shimamura-yoshinobu.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-718",TEL: 03-3508-7388 ,FAX: 03-3616-8511
Mr. SONOURA Kentaro,http://www.sonoken.org/ ,sonoura@au.wakwak.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-211",TEL: 03-3508-7701 ,FAX: 03-3508-3451
Mr. SUGITA Motoshi,http://www.ccnet-ai.ne.jp/sugita-m/,sugita-m@ccnet-ai.ne.jp; g08518@shugiin.go.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-715",TEL: 03-3508-7465 ,FAX: 03-3508-3277
Mr. SUZUKI Keisuke,http://www.suzukikeisuke.jp/,info@suzukikeisuke.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-425",TEL: 03-3581-5111 Int.5425,FAX: 03-3508-3425
Mr. TAIRA Masaaki,http://www.taira-m.jp/ ,info@taira-m.jp; taira001@nifty.com,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-507",TEL: 03-3508-7297 ,FAX: 03-3508-3507
Mr. TAMURA Kenji,http://www.tamuken.net/ ,office@tamuken.net; http://www.tamuken.net/ja/mail.html,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-317",TEL: 03-3508-7067 ,FAX: 03-3508-3847
Mr. TOIDA Toru,http://www.toidatoru.com/,http://www.toidatoru.com/contact/,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-325",TEL: 03-3508-7325 ,
Mr. WASHIO Eiichiro,http://www.washio-e.jp/,28@washio-e.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-323",TEL: 03-3508-7650 ,FAX: 03-3508-3062
Mr. WATANABE Atsushi,http://www.akina.ne.jp/~atushi/ ,atushi@r7.dion.ne.jp ; atunao2002@yahoo.co.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-607",TEL: 03-3508-7607 ,FAX: 03-3508-3987
Mr. YAMAMOTO Tomohiro,http://www.yamamoto-tomohiro.com/,h09270@shugiin.go.jp,"100-8982 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-1-2 Shugiin 2-710",TEL: 03-3508-7460 ,FAX: 03-3508-3290
Mr. YOSHIDA Izumi,http://www.y-izumi.jp/ ,h07207@shugiin.go.jp,"100-8981 Tokyo, Chiyoda-ku, Nagata-cho 2-2-1 Shugiin 1-530",TEL: 03-3508-7260 ,FAX: 03-3508-3530

国民の信託による人類普遍の原理

今回は日本国憲法の起草にたずさわった
ベアテ・シロタ・ゴードンさんの手によるGHQの憲法草案

人権に関する「戦後レジーム」を紹介します

以下の条文
特に家庭と婚姻に関する条文は
当時の日本政府が
強硬に反対したそうです

「これは日本の国民に合わない。これは日本の歴史に合わない。、、これは日本の文化に合わない。これは全然ダメですと言ったんです。(むっとした表情)女性の権利について、それ、私とてもびっくりした。だってその反対(の姿勢)の強さはね、本当にちょっと、天皇制のこと話した時と同じ気持ちみたいだったです。」
                 ――― ベアテ談 『日本国憲法 誕生』 NHK

ベアテの起草した家庭と女性に関する条文と
現日本国憲法の条文を見比べてみてください

「法の保護」を謳い「親の強制」「男性の支配」を戒める文言が消えています

法の保護をなくし、強制と支配による「戦前レジーム」の復権を
すでにこの時点で画策していたのでしょうか
だとしたら本当に
日本国民の信託を受け
日本国憲法前文で誓いを立てた
「人類普遍の原理」への冒涜であるといえます
ここでの誓いを押しつけであると宣うものは
卑屈な嘘つき、恥知らずであることを
自ら宣言するものです

私たちは現日本政府の「レジームチェンジ」に反対します



日本国憲法

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第24条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


ベアテからの贈り物


ベアテの手によるGHQ草案 wiki

第18条 家庭は、人類社会の基礎であり、その伝統はよきにつけ悪しきにつけ、国全体に浸透する。それ故、婚姻と家庭とは法の保護を受ける。婚姻と家庭とは、両性が法律的にも社会的にも平等であることは当然である。このような考えに基礎をおき、親の強制ではなく相互の合意にもとづき、かつ男性の支配ではなく両性の協力にもとづくべきことをここに定める。これらの原理に反する法律は廃止され、それにかわって配偶者の選択、財産権、相続、住居の選択、離婚並びに婚姻及び家庭に関するその他の事項を、個人の尊厳と両性の本質的平等の見地に立って定める法律が制定されるべきである。

第19条 妊婦と幼児を持つ母親は国から保護される。必要な場合は、既婚未婚を問わず、国から援助を受けられる。非嫡出子は法的に差別を受けず、法的に認められた嫡出子同様に身体的、知的、社会的に成長することにおいて権利を持つ。

第20条 養子にする場合には、その夫と妻の合意なしで家族にすることはできない。養子になった子どもによって、家族の他の者たちが不利な立場になるような特別扱いをしてはならない。長子の権利は廃止する。

第21条 すべての子供は、生まれた環境にかかわらず均等にチャンスが与えられる。そのために、無料で万人共通の義務教育を、八年制の公立小学校を通じて与えられる。中級、それ以上の教育は、資格に合格した生徒は無料で受けることができる。学用品は無料である。国は才能ある生徒に対して援助することができる。

第24条 公立・私立を問わず、児童には、医療・歯科・眼科の治療を無料で受けられる。成長のために休暇と娯楽および適当な運動の機会が与えられる。

第25条 学齢の児童、並びに子供は、賃金のためにフルタイムの雇用をすることはできない。児童の搾取は、いかなる形であれ、これを禁止する。国際連合ならびに国際労働機関の基準によって、日本は最低賃金を満たさなければならない。

私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します 英語版

共同声明の英語版です。村野瀬玲奈の下訳をもとに「カナダde日本語」の美爾依さんのお知り合いのカナダ人の方に添削していただきました。美爾依さん、ありがとうございました。


海外への転載、転送、ご利用を歓迎します。


May 3rd, 2007


"We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government."


追記を表示

政治倫理綱領 (昭和六十年六月二十五日議決)

今回は
政治倫理綱領 (昭和六十年六月二十五日議決)

を転載いたします

これも現政府与党のいう戦後レジームのひとつですね

(政府与党はこの戦後レジームからも脱却したがっているということでしょうか)


引用開始


 




 
政治倫理綱領 (昭和六十年六月二十五日議決)


 政治倫理の確立は、議会政治の根幹である。われわれは、主権者たる国民から国政に関する権能を信託された代表であることを自覚し、政治家の良心と責任感をもって政治活動を行い、いやしくも国民の信頼にもとることがないよう努めなければならない。
 ここに、国会の権威と名誉を守り、議会制民主主義の健全な発展に資するため、政治倫理綱領を定めるものである。

一、われわれは、国民の信頼に値するより高い倫理的義務に徹し、政治不信を招く公私混淆を断ち、清廉を持し、かりそめにも国民の非難を受けないよう政治腐敗の根絶と政治倫理の向上に努めなければならない。

一、われわれは、主権者である国民に責任を負い、その政治活動においては全力をあげかつ不断に任務を果たす義務を有するとともに、われわれの言動のすべてが常に国民の注視の下にあることを銘記しなければならない。

一、われわれは、全国民の代表として、全体の利益の実現をめざして行動することを本旨とし、特定の利益の実現を求めて公共の利益をそこなうことがないよう努めなければならない。

一、われわれは、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合にはみずから真摯な態度をもって疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない。

一、われわれは、議員本来の使命と任務の達成のため積極的に活動するとともに、より明るい明日の生活を願う国民のために、その代表としてふさわしい高い識見を養わなければならない。


 




 


引用終了

緊急 NHK経営委員への申し入れ

今回は
Rolling Bean』さま
【転載】 緊急 NHK経営委員への申し入れ(署名しましょう!)』経由で情報いただいた
NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ』による


「政府の違法な介入を毅然と拒否し、自主自立の立場で経営委員長の選任を」


JCJ機関紙ブログ 』さまからの紹介記事、『緊急 NHK経営委員への申し入れ』全文を転載いたします。

====================================== 


緊急 NHK経営委員への申し入れ


 互選と決まっているNHK経営委員長、安倍首相を囲む経済人のメンバー、古森重隆氏をあてる方針と報じられたニュースをご存知でしょうか。経営委員長は経営委員の中で互選と放送法には決まっているのに、政府が勝手に起用すると言っているわけです。放送法は無視ということで、民主主義的手続きを無視しています。

 NHKを監視・激励する視聴者コミュニティという団体があります。そこがNHK経営委員に、法律無視の政府の暴挙に屈せず、ちゃんと互選をしてくださいという申し入れを行いました。
 その申し入れへの賛同署名を募集しています。
 経営委員人事は6月には決まるようですので、ことは急ぎます。
 視聴者コミュニティのサイトをお読みください。

 
(署名用紙内容)

2007年5月22日
NHK経営委員 各位

   政府の違法な介入を毅然と拒否し、自主自立の立場で経営委員長の選任を

 5月18日付けの全国紙は、空席になっているNHK経営委員長に政府が富士フイルムホ-ルディングス社長の古森重隆氏を起用する方針を固めたと報道しました。この報道が事実とすれば、政府は放送法に違反することを承知のうえで、NHKの最高意思決定機関の長の選任にあからさまに介入したことを意味し、私たちは激しい憤りを禁じ得ません。

 経営委員会の組織について定めた放送法第15条の2は、「経営委員会に委員長1人を置き、委員の互選によつてこれを定める」と明記しています。にもかかわらず、政府が経営委員長の人事権を持つかのように、個人名まで挙げて口出しするのは傲慢かつ違法な行為にほかなりません。

 しかも、新聞報道によれば、古森氏は安倍首相を囲む経済人の集い『四季の会』のメンバ-のひとりで、同氏の経営委員長への就任打診は首相人脈による「政治任用」と伝えられています(『日本経済新聞』5月18日)。

 このように、時の政権のトップが公共放送を監督する機関の長を直々に指名する状況がまかり通れば、経営委員会の政治からの独立性は失墜し、その指揮監督下におかれるNHKは政権直属の御用聞き放送局となりかねません。

 私たちは、経営委員の皆様が経営委員会の権限を蹂躙する政府の違法な介入を毅然と拒否され、皆様の良識に基づく主体的な判断で公共放送の最高意思決定機関の長にふさわしい見識をもった経営委員長を選任されるよう、強く要請するものです。

  私は上記の申し入れに賛同します。

(署名用紙は、5月26日までに、下記の取り扱い団体へお送りください。)

 <署名欄省略。上記の署名用紙のURLを開いて署名欄
 に記入のうえ、048ー873ー3520宛てにFAXでお送りください。>
  
    取り扱い団体
       NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ
       http://space.geocities.jp/shichoshacommunity/
       連絡先:TEL&FAX:048-873-3520

(署名用紙内容ここまで)

 ネット署名もできます。

署名用紙
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/shomei_20070522.pdf

「視聴者コミュニティ」の事務局宛にFAXでお送りください。
  TEL&FAX:048-873-3520

私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します 中国語版

エンコードによっては文字化けします。不完全ではありますが、簡体字中国語(HZ)、簡体字中国語(GB2312)、簡体字中国語(GB18030)のいずれかにしてごらんください。




『厘断郡斤晩云屓軒繍勣序佩議悶崙個醐。』

追記を表示

環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する

今回は
辺野古への法の手続きを無視した環境調査と
法的根拠を明らかにしないままの現地への自衛隊の投入に対する抗議文
「環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する」WWF ジャパン自然保護室
全文を転載いたします


◆日本語版抗議文
2007年5月14日

環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する


WWFジャパン


 防衛省は,環境影響評価法を無視して辺野古・大浦湾の環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている.さらには,海上自衛隊の掃海母艦を沖縄に派遣して同調査を支援するとのことである.WWFジャパンは,辺野古・大浦湾海域のジュゴン生息域の保全,環境影響評価法の適正な実行という観点から,防衛省の環境影響評価法に対する不法行為ならびに海上自衛隊艦船と隊員の派遣に強く抗議する.

1. 防衛省は,環境アセスメント手続きに入る前に,環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている.しかし,法律にもとづき適正な手続きに従って進められなければ,科学的で開かれた環境アセスメントにはならない.非公開で現況調査を実施してしまい,その後に,順番を違えて方法書を作成し,事前の現況調査結果をもって準備書,評価書を作成するやり方は,環境アセスメントの形骸化であり,環境影響評価法の精神をないがしろにする不法行為である.

2. 自然環境や野生生物を調査し,開発による影響を予測し評価するためには,方法書段階で専門家や環境団体,住民等の意見を求め,調査対象に影響が少ない方法を採用しなければならない.しかし,この環境現況調査は非公開であり,調査内容や使用器具に関しては,調査方法の妥当性,器具の影響等について判断することが困難ない状況にある.そのため,この事前調査が環境や生物に影響を与えてしまった場合,後の環境アセスメントは不正確な調査にならざるを得ず,信頼がおけないものになってしまう.

3. このような不法な調査に,海上自衛隊の艦船と隊員を派遣し,威圧的に調査を実施してしまうやり方は,到底,民主的な政府のやることではない.防衛省は,海上自衛隊艦船の派遣と環境現況調査を中止して,合法的で適正な環境アセスメント手続きを取るべきである.

以上

この抗議文に関する問い合わせ先
花輪伸一
WWF ジャパン自然保護室
〒105-0014東京都港区芝3-1-14
TEL.03-3769-1713,FAX.03-3769-1717,hanawa@wwf.or.jp

-------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------
◆英文版抗議文

A Statement of Remonstration against the breach of the Environmental Impact Assessment Law by the Japanese Ministry of Defense

WWF-Japan


The Ministry of Defense is planning to execute a preliminary survey of the Henoko and Ooura bay, an act which runs against the Japanese Environmental Impact Assessment Law. Moreover, the Ministry is preparing to dispatch a minesweeper tender to Okinawa to aid in the survey. WWF-Japan strongly opposes this breach of the environmental impact assessment law as well as the action of dispatching a minesweeper tender; WWF-Japan works towards the environmental conservation of the Henoko and Ooura bay, critical habitats for the Okinawan dugong. WWF-Japan hopes to maintain the environmental impact assessment law.

1. The Ministry of Defense plans to execute a preliminary survey before
processing the Environmental Impact Assessment. However, this will not be a precise or open environmental assessment, since the appropriate law-abiding procedures will not be/ have not been conducted. By surveying in chambers and not creating a methodological document of the survey as part of the preparatory court pleading and drafting of the evaluation document, the Ministry merely upholds a facade of the Environmental Impact Assessment and disregards the central meaning of the Environmental Impact Assessment Law, tantamount to tort.

2. In order to survey the environment and wildlife to predict and evaluate the impact cause by such a development, it is essential to consult experts, environmental protection agencies, and local residents in order to ascertain the best methods to adopt, causing the minimum amount of impact on the surveyed environment. However, since the Ministry's action is non-disclosure, it is difficult to assess the validity of its investigative methods, as well as the possible influence
of the instruments and devices it deploys. Therefore if this preliminary survey affects the environment, later Environmental Impact Assessments inevitably become inaccurate and unreliable.

3. To dispatch members and a Maritime Self-Defense Force warship to execute a survey coercively is not the action of a democratic government. The Ministry of Defense should abandon the plan to dispatch a minesweeper tender and to carry out a irrelevant preliminary survey, and should instead go through the proper legal procedures pertaining to the Environmental Impact Assessment.

For inquiries please contact:
Shin-ichi Hanawa
WWF-Japan, Nature conservation division
3-1-14 Shiba Minato-ku Tokyo 105-0014 Japan
TEL.+81-3-3769-1713,FAX.+81-3-3769-1717
hanawa@wwf.or.jp

--------------------------------------------------------------------

◆辺野古海域の自然を守るための署名にご協力をお願いいたします!

絶滅危惧種ジュゴンの棲む沖縄の辺野古/大浦湾沿岸における米軍基地建設計画が、今重大な局面を迎えています。

那覇防衛施設局は、環境影響評価(環境アセス)の手続きを開始しようとしており、契約コンサルタント各社は「予備調査」にすでに着手しています。

私たちは、この那覇防衛施設局の新たな動きに懸念を抱き、インターネットにおける署名運動を始めました。この署名運動は、沖縄のジュゴンを守るために、那覇防衛施設局に対して、国際社会に恥じない環境アセスを実施するように要請しています。

署名サイトへはここをクリックして下さい  

お知らせ 2007年5月10日

====== お 知 ら せ ======



*みなさん、署名ありがとうございます。引き続き署名を受け付けていますので、まだの方はよろしくお願いいたします。また、みなさんそれぞれのブログや生活の場でこの共同声明の存在を周りに知らせていただければ幸いです。


署名はこちらから


http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/blog-entry-28.html



* 「JUNSKYblog2007」のJUNSKYさん、「反戦な家づくり」の明月さんのご指摘をうけ、声明文のダイジェスト版を作りました。


http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/blog-entry-30.html




* 共同声明のフランス語訳完成。本ブログ中にも収録。


http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/blog-entry-31.html




* 共同声明の他国語訳も追い追い準備予定です。

* 署名以外のご意見、ご提案はコメント欄からお願いいたします。(現在、コメント欄は承認制としております。)


* 署名は下のURLのコメント欄にお願いいたします。 


http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/blog-entry-28.html



みなさまからのご意見、ご提案お待ちしております

2007年5月3日共同声明 ダイジェスト版

2007年5月3日共同声明 ダイジェスト版


『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』

「私たちは現日本政府による全面的憲法改定に反対します」


現在、日本の政府与党は「戦後レジームからの脱却」というスローガンのもとで憲法改定をめざしています。この「レジームチェンジ(体制変革)」は、自民党の改憲草案によると「国民主権」・「平和主義」・「基本的人権の尊重」という三大原則に根本的な改変をせまる内容です。さらに、硬性憲法である現憲法を行政の都合でいつでも改訂できるようにされています。つまり、この改憲は日本の政体の非民主的変更を宣言するものです。そして、既存メディアの多くが政府公報の主張に沿う形でこの改憲を支持しています。この中で、ひとたびこのような改憲を許してしまえば、今後の日本と国際社会の未来に大きな禍根を残すでしょう。そのことは、第二次世界大戦中の従軍慰安婦をめぐる昨今の日本の政権政党の責任逃れの態度や人道的視点の欠如を見れば想像がつきます。
実際、日本では、半世紀にわたってアメリカの軍事戦略を支援・補完するために数多くの規約がつくられてきました。それらの規約は、国の最高法規であるはずの憲法の条文を実質的に無効化させ、国民の側にあるはずの主権を国家へとシフトさせており、今度の改憲によってその目的を完成させようとしています。今まさに、日本国民は、同盟国アメリカと政治・外交的に一体をなす現政権の「利益」に屈従し、日本という国も本来の主権を失い、アメリカの軍事戦略上の実質的な属領となろうとしています。そうなれば、現自衛隊はアメリカの支配下の兵団として、その軍事戦略に追従させられることになります。日本ではこの改憲の目的が大部分の国民に十分に理解されないまますすめられています。私たちは、一国至上主義を貫く米国の軍事戦略に奉仕するために国外へ日本の軍事力を展開すること、戦争によって日本と世界の人々の血を流すことを許しません。
第二次世界大戦の戦前戦中の支配勢力にルーツを持ち、戦後、ほぼすべての時期を与党として過ごした自民党は、敗戦直後より「自主憲法」の制定を目標としてかかげてきました。そして今、大戦の責任者の一人であった岸信介の孫である安倍晋三によって、「戦後レジームからの脱却」をスローガンとした危険な憲法改定が実行されようとしています。これは国民主権、立憲主義をとる民主主義国においては、自国の基本的価値を自ら否定する暴挙です。今や、「経済大国」として国際社会に大きな影響力を持つ日本によるみずからの民主主義の否定は、世界平和にとって大きな脅威です。1930年代に世界を悲劇に導いたファシズムの横暴を21世紀の日本で繰り返してはならない、それが私たちひとりひとりの願いです。

Appendix

Profile

sekaiheiwa (世界平和の野望)

Author:sekaiheiwa (世界平和の野望)
We oppose the total revision of the Japanese constitution in progress by the current Japanese government.
Nous nous opposons à tout changement antidémocratique du régime politique du Japon.
Wir widersetzen uns jeder undemokratischen Regimeänderung Japans.
Nos oponemos a todo cambio antidemocrático del régimen político de Japón.
Ci opponiamo ad ogni cambiamento antidemocratico del regime politico del Giappone.
Opomo-nos à qualquer mudança antidemocrática do regime político do Japão.
Wij verzetten ons tegen elke antidemokratische verandering van de politieke regeling van Japan.

アクセスカウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。